ファンタジー

【うっかり陛下の子を妊娠してしまいました】4話ネタバレ!王太后と対面

【うっかり陛下の子を妊娠してしまいました】

ベルタの子供は無事に生まれ、ルイ王子と名付けられます。

しかし、陛下に なぜルイ王子を第一夫人に渡さないのかと問われてしまいます。

ベルタは、「汚れた血」を理由に、ルイ王子を守るのでした。

必死にルイ王子を守ったベルタの努力は報われるのか、ハラハラします。

【うっかり陛下の子を妊娠してしまいました】4話のネタバレを紹介します!

うっかり陛下の子を妊娠してしまいました【4話】ネタバレ!

その後、陛下から王妃に王子を渡すよう命を下されることはなく、ベルタの抵抗は功を奏した形となりました。

しかし、この一件で王妃一派に対する対策を練らなければならなくなったベルタは、産後の身体で無理を重ね、臥せりがちな日々が続きます。

時が経ち季節がひとつ移り変わる頃には、以前のような元気を取り戻しましたが、カシャの侍女達は過保護に体調を気にかけていました。

そのころ、王太后がお見舞いに来てくれたお礼に、訪ねてもいいか確認の手紙を出すことになります。

ベルタはあれから、ルイと2人静かに暮らしていくために父を頼っていました。

そうそう使っていい手段ではありませんが、陛下が全く頼りにならない以上、なりふり構ってられません。

「王太后がお前の後ろ盾になる」

と返事が来た時は半信半疑でした。

しかし、王太后が動いてくれたおかげで、陛下の一存でルイを取り上げられるようなことはなくなりました。

ベルタが王太后を訪ねる予定でしたが、ルイ王子に会いたがっていることから、こちらに来てもらう事になります。

王太后は、高貴な身分の人間では数少ない、第二妃への対応が穏やかな方ですが、どこか油断ならない相手です。

王太后が訪ねて来てルイ王子と対面すると、陛下と同じように、おずおずとした態度を見せます。

ベルタが抱っこしてあげてください、と言うと、王太后は笑顔でルイをあやします。

帰り際、なんと王太后はベルタの体調を気にかけてくれるのでした

ベルタの父は間違いなく王太后の動力を金で買っています。

しかし、その割に王太后がルイを可愛がる様子は芝居ではなく、まるで優しいおばあさまの顔でした。

その後、王太后は陛下にルイの顔を見に行ったことを報告します。

王太后がベルタの体調の話を持ち出すと、陛下はもうルイを生母から取り上げようという気持ちはないようです。

陛下にとってもルイは可愛いのです。

陛下はベルタから「汚れた血」という言葉を聞いた時、夢から覚めるようでした。

あの時、マルグリットが最後の死産の時に漏らした本音が脳裏に浮かびました。

「私の王族の血で、あなたの半身に流れる罪の血を贖いたかった」

マルグリットに陛下やルイがどう見えてるか考えれば、彼女にルイを預けるようにと言ったことが、どれほど周囲の反感を買ったかは想像できます。

マルグリットに関して、陛下は鈍すぎるのです。

マルグリットは、「貴族の青い血」に誇りを持っています。

その価値観は永遠に変わりません。

王太后は、マルグリットが陛下と同じ景色を見てくれたことはあるかと問います。

この先一緒になってこの国を憂える伴侶が誰であるか…

そう話す王太后の言葉を陛下は机を叩いて遮ります。

しかし、王太后は実際に会ってみて、ベルタを気に入りました。

ベルタは、ジェーンの命日に花を添えたのです。

陛下は、生母であるジェーンの事を利用されるのは不愉快だと言います。

しかし、王太后にとっては偽善だろうがなんだって構わないのです

それすらしない人々はすぐにジェーンを忘れてしまう。

陛下は返す言葉がなくなってしまいます。

その後1人になった陛下は、会ったことのない産みの親の、何を忘れるなと言うのか、と思います。

ベルタの黒い瞳に全てを見透かされているようだと目を伏せるのでした。

>>【うっかり陛下の子を妊娠してしまいました】全話ネタバレまとめ!

絵付で漫画を読んだ方が断然おもしろい!

漫画「うっかり陛下の子を妊娠してしまいました」はBookLive先行配信の漫画なので、BookLiveでしか読むことが出来ません!

BookLiveは初回無料登録でもらえる50%OFFクーポンを利用すればお得に読むことができます☆

50%OFFクーポン1巻132円⇒66円

BookLiveは、買いたいときに購入するスタイルなので月額料金はかかりません。

無料で1冊まるまる読めるキャンペーンがあるので、漫画好きにはオススメ!

\ココでしか読めない/
BookLive公式サイト

うっかり陛下の子を妊娠してしまいました【4話】感想

前回のベルタがルイ王子を守ったセリフは、陛下にの心にも響いたようです。

陛下の頼りなさから、ベルタはルイを守るために父親に助けを求め、それによって王太后が動いてくれました。

陛下自身も、ルイ王子にはあまり会っていないようですが、可愛くは思っているようで少し安心しました。

そして、意外にもベルタに好意的だった王太后が印象的でした。

ベルタ自身も感じているように、王宮内の貴族側の人々は、ベルタの事を良く思っていない人が多いでしょう。

しかし王太后は、ベルタが不在の場でもベルタに対する態度や言動が変わらないように見えました。

それどころか、陛下に対しては共に国を憂える伴侶として…という方向で話を進めていました。

カシャの血というよりは、ベルタ自身の振る舞いを見て認められたということでしょうか。

陛下の生母であるジェーンの事も今後明らかになりそうです。

陛下は今のところまだ王太后には反発をしていますが、風向きが変わっていきそうな予感がします。

まとめ

【うっかり陛下の子を妊娠してしまいました】4話のネタバレを紹介しました!

王太后やベルタの言葉により、マルグリットの貴族の血への誇りを知ってしまった陛下。

陛下の生母であるジェーンの話題も出てきました。

陛下も自分自身の血や出生と向き合う時がくるような気がします。