ファンタジー

【うっかり陛下の子を妊娠してしまいました】5話ネタバレ!南部視察に向けて

【うっかり陛下の子を妊娠してしまいました】

父の協力や、自身の性格もあり、王太后を味方につけたベルタ。

陛下は、王太后の言葉でマルグリットの貴族の血への誇りと拘りに気付かされるのでした。

マルグリットの本音を知った陛下は、正妃マルグリットとベルタにどんな対応をしていくのか気になります!

【うっかり陛下の子を妊娠してしまいました】5話のネタバレを紹介します!

うっかり陛下の子を妊娠してしまいました【5話】ネタバレ!

ベルタの輿入れから2年、外朝では国の南方への大規模視察の最終案が可決していました。

中央と南部は長きに渡り絶望的な役交渉を貫いており、ようやく調整が叶ったのです。

ベルタの輿入れがなければもっと手間取っていたかもしれません。

南部の人々は、王族貴族にいまだ距離を置いているところがあります。

しかし、今回の行幸にはベルタとルイ王子も随行するため、現地の警戒も和らぐと予想されます。

正妻ではないとはいえ、初めてペトラ人の出自から王家に入り、次期国王の生母となったベルタの人気は高いのです。

すくすくと育つルイ王子は1歳となり、日々の生活は穏やかなものでした。

それでもここは後宮で、避けられない事態もあります。

ある日、陛下との面会に向かうベルタの前に、正妃が立ち塞がります。

南部への視察にベルタが同行するのを阻止したい様子です。

しかし、使用人同士まで言い争いになれば一方的に分が悪いのはベルタの方です。

ベルタは、自ら道を開けて欲しいと正妃に訴えかけます。

この時間にわざわざ鉢合わせに来たということは、今日視察の件で陛下に呼び出されていることを知っているはずです。

この王宮で正妃派閥と対立し続けて2年、もういい加減第二妃として理想的な態度をとることは諦めました。

「あら、それは困ったことね
分不相応に私を困らせるものではないわ」

そういう正妃の態度は演技ではなく、本当に困っている様子です。

しかし、近頃正妃の様子は明らかにおかしいのです。

正妃が軽く病んでいるのではないかなんて、周囲はまさか指摘できずにいるのでしょう。

その時、ベルタに仕えていた乳母のジョハンナが、ルイ王子を連れた女官が面会の時刻に間に合ったと報告をします。

それを聞いた正妃は、あっさりと引き下がります。

ジョハンナの機転で助かりましたが、正妃は当初と態度を一変させてルイ王子を避けているのでした。

第二妃として動くと面倒なこの王宮で、出来るだけ目立たず生活しているベルタですが、陛下の侍従である双子にはいつもネチネチ言われます。

陛下との面会では、視察の日程と経路に目を通しますが、ベルタは幼児を連れての旅での不測の事態を心配していました。

それは陛下も考えており、侍女を2、3人増員することになります

公の場では慎ましく必要最低限の主張しかしないベルタがよく喋ることが少し気になる陛下。

陛下は、ベルタのことがよく分からないのです。

落ち着いているのか、機嫌が悪いのか。

視察の全日程は2ヶ月近く、先が思いやられます。

ベルタは、南部と中央の食事の味付けの違い等にも発言し、故郷メセタの話題になると笑顔になります。

笑うと随分冷たい印象が薄れます。

ベルタの故郷、古都市メセタは、言わずと知れた国内最大規模の交易の拠点であり、南部に影響力を持つカシャ一族の本拠地です。

陛下にとって、メセタをその目で見ることも視察の大きな目的の一つなのです。

その頃、扉の外では陛下の双子の従者とジョハンナが口論をしていました。

ベルタは王室法を曲げさせてまで強引に第二妃を名乗っていると言双子の従者、アンリ

すると、双子の大人しい方のジョエルがアンリの間違いを指摘します。

アンリはベルタのことが気に入らないらしく、無礼なことばかり口にします。

ジョハンナと双子とは、旧姓の頃からの知り合いです。

だからと言って、シュルデ家の夫人であり、国王陛下の乳母。

無礼な発言は許しません。

すると、ジョエルが口を挟み、さらに口論は激しくなります。

それを見ていた他の侍女達は、執務室の壁が厚くてよかったと呟くのでした。

執務室から出てきたベルタ。

アンリはベルタを睨みつけます。

いつもはそんなものは無視をするベルタですが、今回はアンリを睨み返します。

ベルタは、南部への視察に絶対に問題を起こすと分かっているアンリを連れて行きたくありません。

しかし、護衛もできる従者として道中付き添うことは変えられません。

ジョハンナはその時、そんなベルタの言葉や、ペトラ人の侍女達の反応にあまりピンときていませんでした。

しかし、視察の道中ですぐそれを理解することになります。

南部は王宮ではありません。

南部において、大領主カシャの娘に無礼を働くことが、どういうことかということを…

>>【うっかり陛下の子を妊娠してしまいました】全話ネタバレまとめ!

絵付で漫画を読んだ方が断然おもしろい!

漫画「うっかり陛下の子を妊娠してしまいました」はBookLive先行配信の漫画なので、BookLiveでしか読むことが出来ません!

BookLiveは初回無料登録でもらえる50%OFFクーポンを利用すればお得に読むことができます☆

50%OFFクーポン1巻132円⇒66円

BookLiveは、買いたいときに購入するスタイルなので月額料金はかかりません。

無料で1冊まるまる読めるキャンペーンがあるので、漫画好きにはオススメ!

\ココでしか読めない/
BookLive公式サイト

うっかり陛下の子を妊娠してしまいました【5話】感想

ルイは一歳の誕生日を迎え、ジョハンナの協力もあり穏やかに過ごしているようですね。

しかし、正妃マルグリットは態度を一変させてルイを避けるようになったようです。

そして、少し病んでいる様子…

やはり子供が出来なかったことが原因でしょうか。

今回は陛下とマルグリットの現在の様子は分かりませんでしたが、陛下と正妃の仲も気になりますね。

ベルタが、アンリを視察に連れて行きたくないと言ったのが印象的でした。

ベルタはなるべく目立たないように発言も控えているため、陛下の前ではないとはいってもこういった発言は珍しいのではないでしょうか。

いつもは無視をするアンリの睨むような視線に対抗したのも、ある意味忠告のように感じます。

王宮の中にいれば、陛下の側近の従者であるアンリ達の立場は高く、咎める人々もあまりいないのでしょうが…

一歩城を出ればそんな環境もガラリと変わります。

ましてや、カシャの治めている土地で、大領主の娘に向かって無礼を働けば、南部の人々は反発を起こすでしょう。

ただでさえ王族に距離を置き、警戒している人々ですから、大問題になりそうです…。

大きな事件にならないと良いですが、心配ですね。

まとめ

【うっかり陛下の子を妊娠してしまいました】5話のネタバレを紹介しました!

いよいよ南部視察に出かけることになりそうです。

王宮ではないその場所で、双子がどんな態度を取り、問題になってしまうのか…

いままでと状況が違ってハラハラします。