ファンタジー

うっかり陛下の子を妊娠してしまいました【ネタバレ7話】ベルタの故郷へ

『うっかり陛下の子を妊娠してしまいました』

ベルタに反抗的な態度をとっていた双子の従者のうちの1人、アンリが問題を起こしてしまいます。

アンリは拘束され、陛下はベルタの言葉を対等に受け入れると発言するのでした。

いよいよベルタの故郷 メセタに入ります!

『うっかり陛下の子を妊娠してしまいました』7話のネタバレを紹介します!

『うっかり陛下の子を妊娠してしまいました~王妃ベルタの肖像~』
今すぐ無料で試し読み!!

うっかり陛下の子を妊娠してしまいました【7話】ネタバレ!

南部最大の都市 メセタにたどり着いた一行。

こうして見ると、王都の整備された街並みに比べて時代を一つ下ったかのような景色です。

広場周辺には市民が押しかけていて、話し声すらかき消されるほどの熱気です。

ベルタの父 カシャ当主は、陛下のイメージと違った風貌でした。

陛下は、南部の歓迎を受け、民とカシャの築き上げた歓迎を目の当たりにします。

ベルタと2人になった陛下は、ベルタに母親似だなと話しかけます。

華やかで市民の心を掴む指導者然とするカシャ党首を陽とするならば、ベルタは完全なる静の姿です。

ベルタは、カシャ当主が15の時の子です。

あの父親に育てられた娘がどうしてベルタのようになるのかと考える陛下。

娘だから一歩下がるようにと教育されたとは思えず、ベルタの在り方はむしろ、伝統的に女王も立ってきたこの国のものです。

突然、陛下はルイは自分に似ているかと問いかけます。

それを聞いたベルタは、実はルイの額の形が陛下にそっくりだと答えます。

そんなぎくしゃくとした会話に、侍女達はこっそりと笑うのでした。

それから、視察は滞りなく進み、日程は折り返しを過ぎました。

珍しくベルタから申し入れがあり、ベルタは一足先に次の視察先に入っています。

その視察先は、ベルタの異母妹の嫁ぎ先でした。

その隙を塗って、カシャ当主と話にきた陛下。

話とは、王家はカシャを公爵の位を持って叙したいという内容でした。

幼いルイ王子には後ろ盾が必要です。

そして、王子を守り育てるベルタにも。

しかし、カシャ当主は、その話を断ります。

陛下のやり方は時期尚早だと話すカシャ当主。

ベルタと真実信頼を勝ち得ているのなら、この話をするためにベルタを通じればよかったのです。

「南部の女のその溺れるほど深い情を貴方が歯牙にもかけていないことが愉快でならない」

カシャ当主は力強くそう話します。

カシャをはじめとする南部太守がルイ王子登極の味方をするとは限らないのです。

陛下は、伝統を重んじる王宮内にルイ王子に味方は少ないことは分かっていましたが、まさか南部までも…。

それでは、ルイの代の基盤が脆過ぎます。

方策ぐらいは考えて帰りたいとさらに会話を続ける陛下。

カシャ当主は、陛下に可哀想な方だと告げます。

陛下の志は立派ですが、そこから人間性や私欲による裏打ちが見えません。

端的に言えば、簡単に倒れそうな弱い王には賭ける気にはなれないのです。

カシャ当主は、志を同じく分かち合う相手と人生の苦楽を共に歩まれてはどうかと提案し、席を立ちます。

「お帰りになればもっと大変なことが待ち受けているのだから」

そう言葉を残して去っていくのでした。

その頃、ベルタは懐かしいラマルタの海にはしゃいでいました。

ラマルタはベルタにとって思い入れのある地で、異母妹のグラシエラが嫁いだと聞いた時は驚きました。

ベルタとの再会を喜ぶグラシエラは、ベルタに飛びつきます。

グラシエラの夫 オラシオも晩餐には合流するようです。

グラシエラは、早く、早くとはしゃぎながらベルタの手を引くのでした。

うっかり陛下の子を妊娠してしまいました【7話】感想

新たにたどり着いた土地 ラマルタは、ベルタにとって思い入れのある土地のようです。

今回から、異母妹のグラシエラと、その夫のオラシオが登場しました。

ラマルタでの視察も、流れ通りに順調に進むといいですね。

ベルタの父と陛下のやりとりが印象的でした。

陛下に対してはっきりとものを言うベルタの父にはやはり威厳を感じます。

ベルタの父からすれば、何かあれば崩れてしまう王と思っているようです。

それにしても、南部の民もルイ王子の味方をするとは限らないという発言には冷たさを感じました。

しかし、ルイの世代のことを今から考え、基盤を作ろうとする陛下には好感が持てます。

敵が多い道のりになってしまうとは思いますが、陛下には頑張ってほしいです。

もっとベルタと協力していってくれるといいなと思いました。

まとめ

『うっかり陛下の子を妊娠してしまいました』7話のネタバレを紹介しました!

ベルタの思い入れのある地に到着しました。

ラマルタでの視察は穏やかに進むのでしょうか。

『うっかり陛下の子を妊娠してしまいました~王妃ベルタの肖像~』
今すぐ無料で試し読み!!