サスペンス・ミステリー

バニシング・ツイン~私の中の君~【ネタバレ12話】取り憑く元彼の影

『バニシング・ツイン~私の中の君~』 妊娠初期に亡くなった双子の片割れが私の中に!?澪は幼いころから片割れで生まれてくるはずだったレイの声が頭の中で聞こえていた。双子を産みたかった母親はそのことを知り・・・?

東雲の仕事である魂の浄化の仕事を手伝うことになった澪とレイですが、

依頼人に会う時に同席して欲しいと頼まれます。そして当日になり・・・!?

『バニシング・ツイン~私の中の君~』12話のネタバレを紹介します!

\今すぐBookLiveで読む!/
BookLive公式サイトへ

『バニシング・ツイン~私の中の君~』12話 ネタバレ!

思ったよりも若い東雲を目の前にして、

依頼人は少し不安そうです。

それでも彼女を助けてくれるならばと

心を決めて話し始めます。

職場に好きな女性がいて、

彼女とは知り合って3年、

とても真面目で優しい方だと言います。

交際を申し込んでもと断られてしまったそうです。

彼女ははっきりとした関係を望んでいないと言います。

と言うよりも、

死んでしまった元彼が絡んでいるのでは?

依頼人は推測していました。

依頼人と会っていると、

彼女は階段から落ちて怪我をしたり、

電車を待っている時に、

誰かに押されるよな感覚があったりしたそうです。

最近は顔色も悪く心配なのだと依頼人は話します。

そして今夜はイタリア料理のお店で

夕食の約束をしていました。

—彼女は身支度をして、

ネックレスと付けようとしたその時でした。

ドサッといきなり本が落ちて来ます。

本のタイトルは『忘れないで』となっています。

急に申し訳ない気持ちに陥った彼女は、

ネックレスを外し、

違うの・・・ごめんなさい

と言って泣き出してしまうのでした。

彼女から依頼人にメッセージが届きます。

体調がすぐれないので、

お食事はまた今度お願いします

という内容でした。

東雲と澪とレイの前で依頼人は

がっくりと肩を落とします。

正式に交際を申し込んでから、

こういうことが増えたのだと言います。

レイは単に嫌われてるんじゃね?

と言いますが澪は絶対に口に出さないで

と念じます。

すると、

そういう対象ではなかったという事は?

と東雲が依頼人に質問します。

澪とレイは呆気にとられます。

すると依頼人は、

それならそれでいいんです

友達として彼女を助けいたいんです

と言うのでした。

もう10年も前のことなのに、

彼女を縛り付け、苦しめ続けてることが

どうしても許せなかったのでした。

依頼人は彼女に

体調は大丈夫?

あとで少し会いに行ってもいい?

顔見たらすぐ帰るよ

とメッセージを送ります。

依頼人の後ろを東雲と澪とレイは歩きます。

東雲がどう思う?と聞くと、

アイツに取り憑いてる感じは特にない

とレイが答えます。

嘘をついてる感じもありませんでした。

となると彼女の方かと推測します。

レイは見れば分かるだろうと言います。

駐車場からちょうど車を出そうと、

依頼人が精算機の前で止まります。

パーキングチケットを機械に入れようとしますが、

あともうちょっとのところで届きません。

依頼人が一瞬体勢をを崩した瞬間でした。

誤ってアクセルを踏んでしまいます。

車は遮断器を壊して突き進むと、

歩道にものすごい勢いで突っ込んで行きます。

すちょうどそこに依頼人の彼女が通りかかります。

車と彼女が接触するかと思った時、

東雲が飛び込み、

彼女を危機一髪で救います。

車は電柱に突っ込んで破損しました。

澪は東雲の名前を叫びます。

どうやら無事のようです。

そしてレイはあの女っ!と言った後、

なるほど、男の影があるな

と言うのでした。

『バニシング・ツイン~私の中の君~』12話 感想

東雲と澪とレイのやり取りが面白かったです。

依頼人の車が暴走してしまうシーンもかなりインパクトがありました!

*まとめ*

『バニシング・ツイン~私の中の君~』12話のネタバレを紹介しました!

やはり彼女の方に男性の霊が取り憑いているようですね。

これからどのように浄化していくのか興味深いです。次回が待ち遠しいです!

\今すぐBookLiveで読む!/
BookLive公式サイトへ