サスペンス・ミステリー

バニシング・ツイン~私の中の君~【ネタバレ8話】最後の晩餐

『バニシング・ツイン~私の中の君~』妊娠初期に亡くなった双子の片割れが私の中に!?澪は幼いころから片割れで生まれてくるはずだったレイの声が頭の中で聞こえていた。双子を産みたかった母親はそのことを知り・・・?

自分がこれ以上ここにいると「害」になると言うレイ。

一度もそんな事を思ったことないと澪が伝えようとしましたが、

レイは疲れたのか澪の中で深い眠りについて・・・。

 

『バニシング・ツイン~私の中の君~』8話のネタバレを紹介します!

\今すぐBookLiveで読む!/
BookLive公式サイトへ

『バニシング・ツイン~私の中の君~』8話 ネタバレ!

澪が倒れて目覚めると、母親が傍で手を握り締めて眠っていました。

澪が起きたのに気付いた母親が目覚めたので、澪は慌てて

もう大丈夫だからご飯食べるね!と体を起こしました。

体調悪かったなら無理して食べなくてもよかったのよと言われ、

澪は申し訳なく感じました。

レイの好きなものばかりだったから・・・と澪が言うと、

母親は「そうね・・・レイのために作ったんだもの。」と返してきたので、

心がズキッと痛み俯きましたが、

すると母親は「だって最後の晩餐だから。レイとお別れしましょう。」

とまさかの言葉を澪に言ってきたのです!

驚いている澪に母親は、東雲に前に言われた事を話し始めました。

目の前のものまで失うかもしれない・・・それは娘だと言われた時、

その後に澪が置手紙を置いて出かけてゾッとしたんだと言い、

毎日会えてそばに居て当たり前だと思っていた自分が馬鹿だったと話しました。

そして澪のてを両手で包むと、優しく微笑んで

東雲に連絡しようと言ってきたのです。その言葉を聞いた澪は涙が自然と溢れてきました。

ーーーあれから母親はレイの事を口にしなくなりました。

中にいるレイにこれで本当にいいのか?と毎日聞きますが、

自分の気持ちは変わらないとレイは一点張りでした。

そしてついに東雲に浄化してもらう日がやってきてしまいました・・・。

最後に何か伝えたいことはあるか?と聞かれた母親は、

流産したと診断されて絶対に会えないと思っていたレイが

存在してくれてこんな事が起こるなんて信じられなくて、

姿が見えなくても澪に重ねてこんな風に育ってたのかな?とか

こんな事で喧嘩したのかなとか色々想像して楽しかったなと母親は笑いました。

澪とレイに平等に接してきたつもりだったけれど、レイの言葉や表情が直接見えないから

つい過剰に接していたのかもしれませんと母親は涙を流しながら、

やっと声が聞けたのに自分を消すだなんてレイの口から言わせてしまってごめんなさい・・・

うまく愛せなくてごめんなさい・・・と謝ってきました。

そんな母親を見た澪が知っていたの?と驚いき、

レイの言っていた通り母親は自分の事をちゃんと見てくれていたのに、

自分はそれが見えてなかったんだと今更気付いて気付いて涙しました。

 

『バニシング・ツイン~私の中の君~』8話 感想

最後の晩餐・・・母親は何か吹っ切れた顔をしました。

初めて言葉を直接かわしたのに、その言葉が「消えるから」ということだったのを

母親はショックを受けながらも、現実を受け止めたような感じでした。

今まで問いかけても澪を通してだけで直接話せる事はなかったのに、

今回出て来て話してきたってことはよっぽど強い決意なんだろうと

母親は思ったのでしょう。レイが浄化される最後の最後に母親の本当の気持ちを知った澪は

涙が出て止まりません。なんだかとっても悲しくなりました・・・。

*まとめ*

『バニシング・ツイン~私の中の君~』8話のネタバレを紹介しました!

ここから始まる浄化。これで本当にレイとお別れなのか?

次回の話の続きが気になります。

バニシング・ツイン~私の中の君~アイキャッチ画像
バニシング・ツイン~私の中の君~【無料】今すぐ全巻最後まで読むバニシング・ツイン~私の中の君~【無料】今すぐ1冊まるまる最後まで読む!バニシングツインとして生まれた澪は幼い頃から消失した片割れ・レイの声が頭の中で聞こえていた。ある日、倒れかけた澪を助けてくれた男に「なんで2人入ってるの?」と突然訊かれて…...