ファンタジー

わたしの幸せな結婚【ネタバレ10話】唯一の味方との再会

『わたしの幸せな結婚』

ばったり遭遇した香耶とのやりとりで、美世はまた自信を失ってしまいます。

清霞は、斎森家に正式に婚約の話をつけに行きますが…

美世の様子が心配ですね…。

『わたしの幸せな結婚』10話のネタバレを紹介します!

\今すぐBookLiveで読む!/
BookLive公式サイトへ

『わたしの幸せな結婚』10話 ネタバレ!

その日、清霞が家に戻ると、美世の表情がまた暗くなっていました。

清霞は理由を尋ねますが、美世は答えず下がってしまいます。

残ったゆり江が、今日あった出来事を説明します。

美世は帰ってきてから部屋に篭りきりで、ゆり江は心配で残ってくれたのです。

斎森家と話をつけているところに起こった出来事、これでは本末転倒です。

こんなときどんな声をかけ支えればいいのか分かりません。

ゆり江は、女は愛されて自信をつけるのだと言います。

清霞が大事にしてあければ、きっと美世も心強いのです。

清霞は、この感情が愛と呼べるかはわかりません。

しかし、このさきどうしたいかを伝えることはできます。

清霞は、すぐに美世の元に行き、美世の心配事はそのうち気にせずとも良くなると伝えます。

話があれば聞くと伝えますが、それから1週間そのままです。

美世と顔を合わせることが減ってから、1週間が経ちました。

職場で浮かない顔をしていると、五道がにやにやとからかってきます。

五道と清霞は、明日久堂家で何かを企んでいるようです。

美世は、組み紐を作りながら清霞のことを考えます。

もう清霞のためのものは完成していて、今は余った糸で時間稼ぎをしているだけです。

紐を渡し、全てを打ち明けなくては思いますが、思いますが、そうしたらもう二度と会えないかもしれないと不安を覚えます。

すると、美世にお客様がやってきます。

それは、斎森家で子供の頃唯一味方をしてくれた、女中の花でした。

花は結婚したようで、子供もいます。

夫と一緒に畑仕事をしているようで、とても幸せそうです。

美世は幸せかと尋ねられると、久堂家の人々の顔が浮かびます。

花は、美世の手を握り締めます。

花が辞めさせられてからの美世の様子も聞いていたようです。

1番辛い時にそばにおらず、合わせる顔がないと思っていた花がここに来られたのは、幸せになった美世を見たかったからでした。

美世は、花の前で涙を見せます。

異能がない、ここにいられない、わかっていたことでも、口にすると辛く、苦しいのです。

花は、どうして斎森家と関わりのない自分が、今日ここにこられたかを話します。

他の誰でもなく、清霞が花に手紙を送っていたのです。

美世はそれを聞き驚きます。

『わたしの幸せな結婚』10話 感想

やはり、美世は香耶と話したことでまた暗くなってしまいましたね…。

せっかく明るく活き活きしていたのに、逆戻りしてしまいました。

逆戻りどころか、一度暖かさを覚えた分、以前より悩んでしまっている気がします。

せっかく清霞を想って作った組み紐、ちゃんと渡して欲しいですね。

斎森家にいた頃の美世をよく知る人物、花との再会が印象的でした。

以前から、唯一味方をしてくれたと言っていたのは、花のことだったのですね。

さすがそんな存在だけあって、初めて美世が心の内を人に話していました。

今まで誰にも言えなかったことを一気に口にして、改めて苦しさも実感したようでした。

美世は、一度も自分の気持ちを清霞に伝えていませんね。

清霞が美世の恩人を呼んだのは、他でもなく美世に元気になって欲しいからだと思います。

今の美世は、清霞やゆり江、花たちに愛されていると分かってもらいたいですね。

*まとめ*

『わたしの幸せな結婚』10話のネタバレを紹介しました!

花が美世に会いに来れたのは、清霞のおかげのようです。

さすがに美世も、そろそろ向き合う時が来たのではないでしょうか。

わたしの幸せな結婚アイキャッチ画像
わたしの幸せな結婚【無料】結末まで読みたい!サービスまとめ『わたしの幸せな結婚』無料でお得に読む方法を調べました!能力を受け継がなかったために、親にも愛されず使用人のように扱われていた美世は、冷酷無慈悲と噂される久堂家に嫁ぐことになる。名家の令嬢らしからぬ美世の様子に、当主の久堂清霞は興味を惹かれ、やがて…...