ファンタジー

わたしの幸せな結婚【ネタバレ11話】正式な婚約

『わたしの幸せな結婚』

美世を心配して声をかける清霞。

そして、落ち込む美世のもとに、唯一の味方だった人物が訪ねて来て…

美世は清霞に話をすることができるのでしょうか。

『わたしの幸せな結婚』11話のネタバレを紹介します!

\今すぐBookLiveで読む!/
BookLive公式サイトへ

『わたしの幸せな結婚』11話 ネタバレ!

清霞の手紙で美世に会いに来れたと話す花。

花の存在を知っているということは、清霞は美世のことを調べ尽くしています。

美世は、異能を持っていないので、それを打ち明けこの幸せを失うのが怖かったと花に打ち明けます。

すると花は、美世に勇気を出すよう言います。

清霞は、美世を待っているのです。

花に背中を押され、全てを打ち明けることにした美世。

早速、清霞のもとに走り、自分には異能がないと告げます。

全てを正直に伝え、身体も震えてきますが、一生懸命作った組み紐を渡し頭を下げます。

すると、清霞は初日と同じように、いつまでそうしているつもりだ、と声をかけます。

美世の身体を引き寄せ、出て行かれては困ると言います。

もう少ししたら、正式に婚約しようと思っているのです。

美世は、これまでの苦しみも悲しみも、全部このときにつなげるためにあるのだとしたら、報われる気分です。

作った髪紐で清霞の髪を結うと、清霞はお礼と、初めて美世の名を呼びます。

そして、美世は花の見送りに出て、改めてお礼を伝えます。

五道が車を運転し、見張りをして警戒をしてくれていたようです。

少し寂しそうな美世に、これからは誰にもいつでも会える、と伝えるのでした。

一方、辰石家の主人は、また式が撒かれたと苛立っている様子です。

香耶は、そのそばで愚痴をこぼしています。

清霞が斎森家を訪ねたことは承知しています。

美世が久堂家を追い出されたら彼女を保護し、辰石の嫁として迎える…

辰石家としては、そうすればすべてがあるべき場所に収まると考えているのでした。

『わたしの幸せな結婚』11話 感想

辰石家は、やはりまだ美世を諦めていないようです。

そこまでしても薄刃家の血が欲しいのですね。

にしても、辰石家の主人の前で愚痴をこぼす香耶はある意味すごいですね…。

また美世の幸せに干渉してこないといいのですが…。

ようやく自分の胸の内を離した美世の姿が印象的でした。

久堂家に来てから、美世は本当に変わりました。

美世を問い詰めたりもせず、自ら打ち明けてくれるのを待っていた清霞も、

それを知り一刻も早く、と清霞の元に走る美世も、とてもいい関係だなぁと思います。

美世は自分の思いを伝え、清霞はそれでも婚約すると伝え、やっと気持ちが通じ合いました。

きっかけは花の言葉ではありますが、協力してくれた五道や、何より受け入れてくれた清霞やゆり江の力も大きいことは間違いありません。

美世がこれまでの苦しみが報われたと思う日がきて本当に良かったと思いました。

*まとめ*

『わたしの幸せな結婚』11話のネタバレを紹介しました!

香耶と辰石家の動きが気になります。

辰石家としては、美世は久堂家を追い出されると思っているようですが、婚約を知ったらどんな動きをするのでしょう。

わたしの幸せな結婚アイキャッチ画像
わたしの幸せな結婚【無料】結末まで読みたい!サービスまとめ『わたしの幸せな結婚』無料でお得に読む方法を調べました!能力を受け継がなかったために、親にも愛されず使用人のように扱われていた美世は、冷酷無慈悲と噂される久堂家に嫁ぐことになる。名家の令嬢らしからぬ美世の様子に、当主の久堂清霞は興味を惹かれ、やがて…...