ファンタジー

わたしの幸せな結婚【ネタバレ12話】幸せな日々に見る悪夢

『わたしの幸せな結婚』

互いに思いを伝え合い、正式な婚約に向けて意思確認をした清霞と美世。

一方、美世を狙う辰石家では…

想いが通じた清霞と美世の生活が楽しみです!

『わたしの幸せな結婚』12話のネタバレを紹介します!

\今すぐBookLiveで読む!/
BookLive公式サイトへ

『わたしの幸せな結婚』12話 ネタバレ!

美世は、清霞からたくさんの着物を受け取っていました。

女将が言う、清霞が一目で気に入ったものと言うのは、あの桜色の着物でした。

その着物を着て、母に似ているかと笑う美世。

お礼を伝えると、清霞は少し照れています。

その日は、五道にも先日の礼として料理を振る舞う予定でした。

その美世の提案には清霞も驚いたのです。

美世が自分から他人に会いたがるなど考えたことがありませんでしたが、嬉しい変化です。

見張りの式は、いまでもしつこく清霞を追いかけてくるようです。

近頃は、異形の存在自体も否定する者が増え、それに伴い異能者の実力も落ちてきているのです。

二人を迎えた美世の姿は、血色の良くなった薄紅色の頬、きちんととかされた髪、以前のように不摂生を感じさせない袖から覗く手首…

清霞は思わず綺麗で似合っていると口にします。

その後は五道に料理を振る舞い、改めて礼を伝えます。

調子に乗った五道は、美世に自分と結婚しようと言い始めます。

すると、美世は旦那様がいいとそれを断ります。

その会話を聞いて、清霞は美世が心を許してくれている事実を感じます。

五道は、それからも職場での清霞の様子など好き勝手言って帰りました。

清霞が風呂から上がると、家の中がいやに静かで、僅かに異能の使われた気配があります。

その中で、美世は眠ったまま涙を流し、うなされていました。

美世を起こすと、夢を思い出したのかさらに泣き出してしまいます。

清霞は美世を抱きしめながら、支え合うのが夫婦だと言います。

美世には過去の傷から解放されて欲しいのです。

美世はこの家に来てから、毎晩同じ夢を見ます。

母の形見を目の前で壊され、燃やされてしまう夢…

清霞は、美世を宥めながら、先程の異能の気配について考えを巡らせます。

悪魔の原因が異能であるならば、その異能の持ち主は美世の母の実家、薄刃家の者以外考えられません。

『わたしの幸せな結婚』12話 感想

最初に二人で出かけた時の着物が出来上がったようです!

清霞が一目惚れし、そして美世が母の形見に似ているといったあの桜色の着物も…。

照れつつも嬉しそうな2人が微笑ましいです。

そして、美世の見た目にも心にも良い変化がみられたようです。

健康的な美しくなった見た目、そして自ら五道にお礼をすると言い出したこと、どちらも大きな進歩です。

しかし、起きている時間幸せでも、また新たな問題が発生しました。

美世の悪魔に異能の気配があったのが印象的でした。

これまでも、美世の夢の描写はありましたが、てっきり過去のトラウマから見る悪夢だと思っていました。

しかし、その夢は、薄刃家の「人に干渉する」という異能の影響だったのかもしれません。

美世本人の能力なのか、何者かの干渉なのかはまだ分かりませんが、せっかく清霞と幸せになっても、悪夢を見ることで何度もトラウマを再現してしまいます。

やはり、薄刃家の能力は鍵になって来そうです。

清霞に美世を救って欲しいですね。

*まとめ*

『わたしの幸せな結婚』12話のネタバレを紹介しました!

美世が繰り返し見る悪夢が、もしかしたら異能の影響かもしれないと考えた清霞。

薄刃家について、一度ちゃんと調べることになりそうですね。

わたしの幸せな結婚アイキャッチ画像
わたしの幸せな結婚【無料】で最新話を読む方法を調査!『わたしの幸せな結婚』無料でお得に読む方法を調べました!能力を受け継がなかったために、親にも愛されず使用人のように扱われていた美世は、冷酷無慈悲と噂される久堂家に嫁ぐことになる。名家の令嬢らしからぬ美世の様子に、当主の久堂清霞は興味を惹かれ、やがて…...