ファンタジー

わたしの幸せな結婚【ネタバレ13話】異母妹の暴走

『わたしの幸せな結婚』

身も心も健康になり、美世には良い変化が見られます。

しかし、まだ繰り返し見る悪夢には異能の気配が纏わりついていて…

美世の悪夢は、薄刃家の能力と関係があるのでしょうか。

『わたしの幸せな結婚』13話のネタバレを紹介します!

\今すぐBookLiveで読む!/
BookLive公式サイトへ

『わたしの幸せな結婚』13話 ネタバレ!

辰石家の主人は、香耶を呼び出し美世の今を知りたくないかと問いかけます。

香耶は、それを聞くなり、美世のもとに異能の式を飛ばします。

香耶は幼い頃から、失敗するたびに美世のようになってはいけないときつく言われてきました。

自分は上、美世は下。

そうでなければならないのです。

美しくなった現在の美世と久堂清霞の、まるで仲睦まじい恋人のような姿を見て、香耶は取り乱します。

自分の方が美しく優秀で、落ち目の斎森家の女主人で終わっていい器ではないのです。

すると香耶は、突然父に、久堂家の嫁に相応しいのは自分だから、姉と交換して欲しいと伝えます。

しかし、父は願いを叶えてくれません。

香耶は、通りかかった幸次に、美世と結婚したくないかと質問します。

幸次をいいくるめ、婚約を交換してもらおうという狙いでしたが、家長の許しがないなら無理だと言われてしまいます。

辰石のおじさまなら協力してくれるはず、と香耶は辰石家に向かいます。

その頃美世は、昨晩職場に泊まった清霞の元に差し入れを持ってきていました。

差し入れを受け取った清霞は、少し恥ずかしそうでした。

帰り道を心配する清霞は、お守りをきちんと持っているか確認します。

美世は、心配かけないために持っていると言いましたが、お守りは家に置いてきてしまったようで、まっすぐ家に帰ることにします。

あのお守りにどのような効力があるかは分かりませんが、清霞があれだけ気にするのだから何か意味があるはずです。

すると、そこに一台の車が通りかかり、美世は拘束され、車で連れ去られてしまうのでした。

『わたしの幸せな結婚』13話 感想

以前、街に行く時に渡された清霞のお守りは、やはり何が力があるのですね。

よりによって忘れて来た日に限って、悪いことは起こるものです。

美世はゆり江と同行していましたが、ゆり江は無事でしょうか。

そして、美世を攫ったのはやはり実家の関係者でしょうか。

今回は、今までより悪化したような香耶の身勝手さが印象に残っています。

冷酷無慈悲だと噂の久堂家に美世が嫁ぐと決まった時も酷い態度でしたが、今度は自分が久堂家に嫁ぎたいと言い出しました。

清霞があの美しい人だと知ってから、香耶の身勝手さが増した気がしています。

斎森家としては、先日の清霞の態度からしても香耶のいうことは聞けませんよね。

しかし、それが面白くなかった模様…。

自分の婚約者である幸次にも交渉を持ちかけ、そこに断られたら今度は辰石家の主人に向かいました。

当人以外のところで話が持ち上がり、みんな身勝手ですね…。

そして、美世が攫われてしまいました。

せっかく幸せな毎日なのに、次々に事件が発生します。

清霞に美世を救ってもらいたいですね!!

*まとめ*

『わたしの幸せな結婚』13話のネタバレを紹介しました!

美世が連れ去られてしまいました!

清霞は美世を救えるのでしょうか。

わたしの幸せな結婚アイキャッチ画像
わたしの幸せな結婚【無料】結末まで読みたい!サービスまとめ『わたしの幸せな結婚』無料でお得に読む方法を調べました!能力を受け継がなかったために、親にも愛されず使用人のように扱われていた美世は、冷酷無慈悲と噂される久堂家に嫁ぐことになる。名家の令嬢らしからぬ美世の様子に、当主の久堂清霞は興味を惹かれ、やがて…...