漫画ネタバレ

わたしの幸せな結婚【ネタバレ15話】譲れない想い

『わたしの幸せな結婚』~今までのあらすじ~

邪魔者扱いを受け、久堂家に嫁ぐことになった美世。

噂では冷酷無慈悲な人で婚約者が何人も出て行ったと聞かされていましたが、

久堂と接すると優しさが垣間見えます。

今まで斎森家で酷い扱いを受けて来た美世は、ここを追い出されては行く当てもなので、

どうにか追い出されない様に嫌われない様にビクビクしながら過ごします。

そんな美世に久堂は優しく接してくれ、次第に美世の心もほだされ、

いつの間にか2人は互いに想い合う仲になりますが、

思わぬ所で美世の血が欲しい辰石が美世を奪いにきて・・・・?!

 

『わたしの幸せな結婚』15話のネタバレを紹介します!

『わたしの幸せな結婚』
今すぐ無料で試し読み!!

『わたしの幸せな結婚』15話 ネタバレ!

美世が目覚めると両手は縄で結ばれ、そこは真っ暗な蔵の中でした。

さらわれた時に一緒にいたゆり江が大丈夫なのか?と案じながら、

あれだけ言われていたのに、お守りを忘れてしまって

こんなことになって久堂に迷惑をかけてしまったと申し訳なく感じました。

辺りを見回すとここは忌々しい日々を過ごした”斎森家の蔵”・・・・

それに気づいた美世は、継母と香耶のことを思い出してゾッとしました。

今2人に会ってしまえば、昔は耐えられたけど今は安心できる

居場所を得て少しは強くなれたと思う反面、甘やかされて忍耐が脆くなってしまった

自分がいるから怖いのです。

そんな中、美世の嫌な予感は的中しました。

「あら おねえさま。もうお目覚めだったの?」

そう言って香耶が蔵の戸を開け、入ってきました。

「なかなかお目覚めにならないみたいだったから、

ついに心の臓が止まってしまったのかと思ってしまったわ。

いい気味ね。おねえさまにそんな綺麗な着物は分不相応よ。

そうして薄汚れているのがお似合いだわ。」

香耶がそう言うと、後ろから継母が現れて

「あなたのせいよ!あなたのせいでわたくしの人生はまたおかしくなったわ!」

と持っていた扇子で美世の頬を殴りました。

そして後ろに転んだ美世を思いっきり何度も踏み続けたのです・・・

昔のようにこの苦痛の嵐が過ぎ去るのを心を殺してただじっと耐えなきゃと

美世が声を押し殺して耐えていると、

「あなた久堂様との婚約を破棄しなさい!」

と言われました。その後ろから香耶はいい案ねといった顔をしながら、

「そうよ!おねえさまに久堂様の妻は荷が重すぎるでしょう?

私と変わって下さる?」

と言いました。継母は美世の髪の毛をガッと掴むと、

「いいこと?あなたから久堂様に縁談のお断りをするのよ。

こんな高価な着物を強請れるのだから簡単でしょう?」

と言い、香耶は

「安心なさっておねえさま。私がそのあとに久堂様と婚約するから。

そうしたらおねえさまには幸次さんを返してあげるわ。」

と嬉しそうに笑いました。

ここで諦めてしまえば楽になれる・・・それがいつも通り・・・とても簡単なことで

美世はそうやって生き残ってきました。

昔の様にさっさと諦めて「婚約者の座は譲る」と告げればきっと解放されますが、

でも、美世は昔の美世ではありませんでした。

「いや・・・です・・・」

久堂の隣にいるのは自分でありたい・・・誰にも譲りたくない・・・!

「婚約は破棄しません!」

美世がそう答えると、「口答えしないで頂戴!」とまた頬を殴られました。

それでも美世は怯むことなく、まっすぐな目で

「私が旦那様の・・・久堂清霞の婚約者です。

絶対に譲れません!」

とハッキリ言ったのでした・・・・。

ーーーその頃、斎森家の門が久堂によって破壊され

その大きな衝撃と音に驚いた当主(美世の父親)が慌てて出てきました。

久堂の顔を見るなり驚いて、

「これはいったい?!」

と言って来たので、

「美世はどこだ 斎森殿。」

と久堂は返しました。すると、

「まさか・・・そのために?辰石め・・・巻き込みおって・・・」

と言って来たので、久堂はこう質問しました。

「ひとつ聞いておきたい。

美世を私に嫁がせようとしたのは、美世を守る行為にも思えたが、

貴殿は美世に父としての愛情をお持ちなのか?

そう聞かれた父親は、

「情・・・だと?無能に情などあるわけなかろう。

こんなことになるならもっと早くに始末しておくべきだった!

と言い放ったのです!その答えを聞いた久堂は、

「そうか。やはりそれが本心か・・・

ならばもう遠慮はいらんな。

と言ってギロっと睨みました。

すると、後ろから辰石が現れ

「お帰り願おうか久堂殿。

美世はもうあなたには会わぬ戻らぬと言っている。」

と言ってきたので、久堂は本人に聞くからそこをどけ!どかないと

力づくでも押し通ると言い放ちました。

斎森と辰石は2人で「通らせん!」と言って結界を張りましたが、

そんなもの久堂の力の前では無謀で、2人がかりの結界をいとも簡単に

久堂は通り抜けました。

歯が立たないと思った辰石は素手で殴りかかりますが、

久堂はひらりと交わすと、辰石を投げ飛ばしました。

そんな様子に腰を抜かした斎森は何もできません。

それを横で見ていた幸次は、同じ異能者としてこれほどまでに差があるというのか・・・?!

と驚きを隠せません。

羨望する気さえ失われ、涼しい顔でこれほどの威圧感を放つその姿は

まさに冷酷無慈悲の魔人に見えました。

それから2人は美世が閉じ込められている場所を屋敷に入り探しました。

裏庭の蔵が怪しい!幸次がそう言うと、

目の前に炎が舞い上がりました。

久堂が瞬時に結界を張り、それを防ぐと目の前に辰石が現れました。

「屋敷に火が・・・なんということを・・・」

幸次が父親に向かってそう言うと、実の息子もろとも久堂を

燃やし切ろうとさらに大きな炎を放ちました。

そんな辰石に久堂は一瞬手を振り上げると雷を落し、

辰石を感電させて気絶させました。

幸次は自分が焼け死んでも構わなかったんだ・・・と思うと、

実の父親を助ける気にはなりませんでした。

「行きましょう。蔵はこっちです!」

そう言って燃え盛る火の中、幸次は蔵の方へ久堂を案内したのです。

 

『わたしの幸せな結婚』15話 感想

継母と香耶が本当に胸糞悪い・・・・。

美世を奴隷かそれ以下にしか思ってない発言と態度は変わらないですね。

この2人は地獄生き決定でしょう(ニヤリ)。

そしてそして!久堂の圧倒的な力!めちゃくちゃカッコいいし、

美世のためにキレてる姿がキュンしてしまう♡

異能家2人の力を持っても勝てないなんて、どんだけ強いの!?

急がないと美世が継母と香耶にもっと酷い目に合わせれてしまう・・・!

急いで蔵へGO====!!!!

*まとめ*

『わたしの幸せな結婚』15話のネタバレを紹介しました!

幸次の案内で蔵に到着した久堂。酷い目に遭ってる美世の姿を見た久堂は

さらに怒りをあらわにし・・・?!次回の話の続きが気になります!

『わたしの幸せな結婚』
今すぐ無料で試し読み!!