漫画ネタバレ

わたしの幸せな結婚【ネタバレ16話】絶対に屈しない

『わたしの幸せな結婚』異能の家系に生れながら、その能力を受け継がなかった娘・斎森美世。後から入って来た継母、生れた異母妹、さらには父親に虐められる。邪魔者になった美世は冷酷無慈悲と噂される久堂家に嫁ぐことになる。

美世を取り戻しに来た久堂。しかし、斎森・辰石はその行く手を阻みます。でも、久堂の異能の力は2人を遥かにしのぎ蹴散らします。その頃美世は継母と香耶に久堂と婚約破棄するように迫られていて・・・

『わたしの幸せな結婚』16話のネタバレを紹介します!

『わたしの幸せな結婚』
今すぐ無料で試し読み!!

『わたしの幸せな結婚』16話 ネタバレ!

「わたしが旦那さまの 久堂清香澄の婚約者です。」

美世がまっすぐな瞳でそうハッキリと言うと、

継母の怒りは頂点に達し、出来損ないが!とさらに美世を酷くぶちます。

絶対に嫌・・・!美世が屈することなく抵抗していると、

蔵の外から大きな音がしました。

継母と佳代は見張りの使用人に見てくるように命令し、

「まさか お前が何かしたの?」

と美世の聞きました。そんな継母に佳代は、

「お母様そんなことより!」

と美世に久堂と婚約破棄させるように急かしました。

美世は薄れゆく意識の中に、頷いてはいけないと強い気持ちで仕打ちに耐えました。

「いい加減にしなさい!」

美世は言う事をきかないので、頭にきた継母は遂に美世の首を絞め始めました。

【ああ わたし 死ぬのかしら・・・】

斎森家でぞんざいな扱いを受けて来た美世は、

前までそうやって命が尽きるのを心待ちにしていました。

苦しくて、悲しくて・・・だましだまし生きるのにも疲れて、

自分の居場所なんてどこにもないと思っていたからです。

でも、久堂がいるのなら今はまだ死にたくありません・・・

自分の居場所を見つけた美世は、

「ぜったいに・・・・言いま・・・せ ん。」

と首を絞められ苦しい中でも断固拒否しました。

もうダメだ・・・

「旦那・・・・さ ま・・・」

美世が目を閉じたその時!

「美世!」

一番聞きたかった声が聞こえてきたのです。

継母は驚いて美世の首を絞めている手を離しました。

「久堂・・・さま」

継母に目もくれず、一目散に久堂は美世に駆け寄りました。

倒れ込んだ美世は、自分のためにわざわざこんな所まで助けに来てくれた

久堂に感謝しながら、来てくれるのを本当に信じていたので嬉しくて

その言葉を口にしようと思いましたが、

なにせ首を絞められていたためまだ苦しくて上手く話せません。

「だん な さま・・・」

「もう大丈夫だ。」

こんな辛そうな顔をして、自分の顔はそんなにひどい有様なのだろうか?

美世は見苦しいものを見せてしまって申し訳なく感じました。

けれどこれは初めて理不尽に屈しなかった誇るべき傷・・・

始めて意思を貫き通したその証なのです。

美世は支えてくれている久堂の手に自分の手を重ねると、フッと笑い

そのまま意識を失いました。

久堂は美世を優しくギュッと抱きしめると、そのまま抱きかかえました。

そして継母と香耶にこう聞きました。

「このようになるまで何をした?

無抵抗の人間にこれほどの傷を負わせてまで、何をさせようとした。」

そう聞かれた継母は、

「それは・・・」

と言葉に詰まりましたが、香耶が口を開きました。

私は悪くありません!

私はただ間違いを正そうと思っただけですわ。

だっておねえさまが久堂家に受け入れてもらえるなんて、絶対おかしいもの。

おねえさまは何もできないわ。

見鬼の才はないし、頭も良くないし、外見だって・・・

そんな人がなぜ私よりも上にいくの?おかしいわ。何かの間違いでしょう?

お父様もお母様も私を一番だと言うわ。おねえさまと大違いだって。

だったら私が久堂家当主の妻になって然るべきだわ。

辰石のおじさまもそう言ってくれたもの。」

その言葉を聞いた久堂は、香耶は的外れな私念で美世を憎んでるわけではないのが分かりました。

自分に当然与えられるはずの権利が美世に与えられたことっを「間違い」だと言ってるだけなのです。

親に歪んだ認識を植え付けられて育ったのだろうから同情するが・・・

久堂はため息をつきながら、自分の方が役に立てるしすべてにおいて美世より

優れていると言い続ける香耶に冷たい目で、

「黙れ。」

と言い放ちました。

すると、そんな中外の様子を見に行った使用人が帰って来て、

「火事です!火がこちらまで・・・!」

と息を切らして報告しました。

継母が「まさか」という顔で蔵の外に出ると、

屋敷全体に火が回り、もう取り返しのつかないほど大きな炎に包まれていました。

「そんな・・・わたくしの家が・・・!」

絶望する継母をよそに、香耶は諦めていません。

「待ってください久堂さま 私の話を・・・」

美世を連れて去って行く久堂をそう言いながら追いかけると、

「お前の戯言はもうたくさんだ。

顔だの才能だの どうでもいい。 どけ。

冷たく言い放たれた香耶はその場に固まりました。

そんな香耶に幸次は「僕たちも早く避難しよう」と声を掛けました。

すると香耶は幸次を突き飛ばして、

「嫌よ!どうしてこうなるの!私は間違っていないわ!

こんなことになったのもすべてはあの出来損ないのせいだ!すべて!!」

と半狂乱になりました。

幸次はそんな香耶の手を引っ張ってその場から離れようとしましたが、

「離して!」と言う事を聞きません。

さすがの幸次もカチンときて、

「うるさい!」

と言い放ちました。

「何よ。幸次さんはおねえさまが好きなのでしょう!?

私のことなんて構わずにさっさと逃げればいいじゃない!」

幸次はそんな事を言う香耶にこう言いました。

ああそうさ!僕が一番大事なのは美世だよ。当たり前じゃないか!

でもね、君なんかでも死んだら美世は悲しむんだ。

また傷を増やすことになるんだ。君たち家族のせいで!

傷付けられて泣きそうな美世を僕はもう二度と見たくない。」

香耶はそう言われて、何も言い返せず黙って幸次の後についていったのでした・・・

『わたしの幸せな結婚』16話 感想

美世!よく耐えた!久堂がギリギリのとこで来てくれなかったら、

本当に継母に絞殺されてたかもしれないですけど(汗)。

でも、助かって本当に良かったよぉ・・・(涙)。

美世へ酷い事をしたものへの久堂の視線は冷たすぎて怖すぎましたが、

それほどまでに美世を愛してるということで痺れました♡

香耶は両親に蝶よ花よと育てられてきたから、ちょっと可哀想な部分ありますよね。

人間の悪い部分だけ多めに育っちゃって、自分が1番じゃないと嫌って感じに

なってるからこの発言ですよね。この性格じゃあ誰も心から愛してくれないですよ・・・

見た目は本当に可愛いかもしれないですけどね~。私が男だったら願い下げだわ・・・。

 

*まとめ*

『わたしの幸せな結婚』16話のネタバレを紹介しました!

斎森家を包む炎。母親がいた頃の良い思いでも、それから継母や香耶、

そして実の父から虐げられた酷い思いでもすべてが炎となって燃えて消え去っていく・・・

次回の話の続きが気になります!

『わたしの幸せな結婚』
今すぐ無料で試し読み!!