ファンタジー

わたしの幸せな結婚【ネタバレ5話】異能を持たない身

『わたしの幸せな結婚』異能の家系に生れながら、その能力を受け継がなかった娘・斎森美世。後から入って来た継母、生れた異母妹、さらには父親に虐められる。邪魔者になった美世は冷酷無慈悲と噂される久堂家に嫁ぐことになる。

美世の用意した朝食を褒める清霞でしたが、美世は突然泣き出してしまいます。

普通の名家の娘として育っていないのではと感じた清霞は、美世には探りを入れ、斎森家を調べることにするのでした。

美世の隠し事は明らかになってしまうのでしょうか。

『わたしの幸せな結婚』5話のネタバレを紹介します!

『わたしの幸せな結婚』
今すぐ無料で試し読み!!

『わたしの幸せな結婚』5話 ネタバレ!

美世は、ゆり江からとても綺麗な裁縫箱を借りました。

美世は、今朝の事で清霞が怒っていないかゆり江に尋ねます。

いきなり泣き出したりして、嫌な思いをしたに違いありません。

ずっと、美世の存在自体が不快だと言われてきたのです。

しかし、ゆり江はそんなことはないと言い、泣くことは悪い事ではないと続けます。

むしろ涙を我慢して、気持ちを溜め込んでしまう方がよほど悪いのです。

そのぐらいで清霞は怒りません。

しかし、いずれ美世は異能を持たない事を知られ、ここを出て行く身…

勘違いしてはいけないと自分に言い聞かせます。

ゆり江は昼食の準備をすると部屋を出ていくと、美世は今のうちにと着物を繕いはじめます。

ゆり江は、そんな美世の姿を、襖の影から眺めているのでした。

夕食で、清霞は美世に日中何をして過ごしているのかと尋ねます。

ゆり江から借りた雑誌を読んだりしていると答える美世。

着物を繕っていると言ったら、新しい着物をねだっているようで嫌なのです。

清霞やゆり江に嫌われたくないので誠実であろうとするものの、どうしても実家やこれまでの自分の生活については隠してしまいます。

受け入れられる資格がないと知りながら嫌われたくないと思ってしまう…

矛盾しているのです。

清霞は次の休日に街に出ようと美世を誘います。

一緒に歩くなど迷惑がかかると美世は断りますが、清霞は迷惑ではないと答え、街に出かけることになります。

その夜、美世はまた昔の夢を見ます。

美世に異能がないことを責める父と、謝る母。

しかし、母は美世に言います。

「大丈夫よ美世、あなたがもうすこし大きくなったら…」

そこで目が覚めてしまい、美世にはその言葉の続きが分かりません。

母は、すごく綺麗でした。

自分の髪も手入れしたらあんな風になるのかと考える美世。

すると、ゆり江が身支度の手伝いに来て、化粧をしてくれることになります。

髪をきちんと手入れし、化粧も施し美しくなった美世は、いよいよ清霞と街に出かけていくのでした。

『わたしの幸せな結婚』5話 感想

美世は何をするにも遠慮してしまう癖がついてしまっていますね。

旦那の横で街を歩くことを迷惑と思ってしまったり、裁縫箱も化粧も遠慮がちでした。

傲慢なのは良くないですが、少し甘えても良いのになと思います。

清霞は街に何の用事があるのでしょう。

美世はあまり街に出たことがなさそうなので、楽しく過ごして欲しいと思います。

美世の夢で、母が残した言葉が印象に残っています。

もう少し大きくなったら…。

もしかして、前回、辰石の主人が言っていた、人心に干渉する力は、成長してから生まれるのでしょうか。

かなり貴重な異能のようでしたので、美世がもし異能に目覚めたら、取り返しに来そうです…。

美世にはあんな実家や、実家に近しいところに戻って欲しくないですね。

しかし、異能に目覚めて父や継母、香耶を見返して欲しい気持ちもあります。

それより前に、清霞との距離が縮まって欲しいなと思いました。

*まとめ*

『わたしの幸せな結婚』5話のネタバレを紹介しました!

次回はいよいよ清霞との街デートです。

美世にとって初めての街、どんな1日になるのでしょう。

『わたしの幸せな結婚』
今すぐ無料で試し読み!!