ファンタジー

屋根裏部屋の公爵夫人【ネタバレ18話前編】時の流れはあっという間で・・・?

『屋根裏部屋の公爵夫人』 若き公爵・ヒューバートとの政略結婚で住むことになった屋敷はオパールへの敵意に満ちている・・・その邸には「天使」と呼ばれる車椅子のヒューバートの幼馴染も住んでおり・・・?

ヒューバートとオパールの関係が良好に向かっている最中、

あれだけヒューバートが気に欠けていたステラは、最近ふさぎ込んでいて・・・?

 

『屋根裏部屋の公爵夫人』18話前編のネタバレを紹介します!

『屋根裏部屋の公爵夫人』
今すぐ無料で試し読み!!
スポンサーリンク

『屋根裏部屋の公爵夫人』18話前編 ネタバレ!

ヒューバートが郊外の屋敷に会いに来ないので、ステラはふさぎ込んでおり

時々癇癪を起していました。

その様子を傍で見ながらステラの母親は、手紙や贈り物は送られてくるだけで

可哀想だけどヒューバートは今新事業で忙しいらしいし、どうしようもないと思っていました。

でも生活費や使用人への支払いで困る事も亡くなり、今の自分たちは

文句なんて到底言える立場ではありません。

なので、母親はある日ステラに縁談を持ちかけました。

知らない人と結婚なんて出来ないし、ましてや自分にはヒューバートがいるのに!と

ステラは言い返してきましたが、年齢や足のことも気にしないで良いと

言ってもらっている良い条件の結婚相手なんていないわ!と母親は我儘を言う

ステラに言いました。

「わかった・・・あの女が仕向けたのね!私を追い出そうと・・・」

ステラがそんな風に言うので、さすがの母親も黙ってられなくなり、

「口を慎みなさい。私たちが今こうしていられるのは奥様のお陰なのよ?」

と叱りました。

今まで何を言っても自分の肩を持ってくれていた母親が、

オパールの事をそういうので、ステラは唖然としながら

「私の味方じゃないの・・・?」と涙を浮かべました。

母親は可愛い我が子へ心を鬼にして、ヒューバートとは結婚できないんだから

諦めなさいと言い放ったのでした・・・。

たとえ病気が治って命が助かって歩けるようになっても、

ヒューバートが側にいないなら意味がないのに・・・と

絶望感を感じたステラは、自分の部屋に引きこもり大泣きしたのでした・・・。

ーーーある日、オパールの元へクロードの母親から手紙が届きました。

そこに書かれていたのは、クロードは生きているといった内容で

それを読んだオパールは「生きてた・・・」とホッとして、

その場にへたり込んでしまいました。

手紙にはクロードが今も世界を転々をしていることや、

今の所在はどこか分からないことなども書かれてありましたが、

元気でいてくれるならそれだけでいいとオパールは涙ぐみました。

鉱山と鉄道の開発は今のところ順調に進んでおり、

オパールもヒューバートも忙しくて会う機会もほとんどないまま、

時の流れはあっという間に過ぎて行ったのでした・・・。

 

『屋根裏部屋の公爵夫人』18話前編 感想

ステラの我儘もここまでですね・・・。

こうして十分な治療と、屋敷で生活をしていける支援をしているのは

オパールなので、あれだけオパールのことを邪険にしていたステラの母親も

感謝するしかなくなってきたようです。

ヒューバートの気持ちもオパールに傾き始めているし、

もうステラの出番はないでしょうね・・・というか、足の事も

気にしなくていいからっていう相手がいるのは、めちゃくちゃ幸運だと思います。

もしそこへお嫁に行くことになって、幸せに暮らせたなら

それはそれでよかったんじゃないかな?と思います。

*まとめ*

『屋根裏部屋の公爵夫人』18話前編のネタバレを紹介しました!

開発のことでバタバタ忙しくしているうちに、あっという間に時は流れて・・・?

次回の話の続きが気になります。

『屋根裏部屋の公爵夫人』
今すぐ無料で試し読み!!
\画像クリックで無料試し読み/
\画像クリックで無料試し読み/