ファンタジー

弱気MAX令嬢なのに、辣腕婚約者様の賭けに乗ってしまった【ネタバレ3話】君に初めて恋をした

『弱気MAX令嬢なのに、辣腕婚約者様の賭けに乗ってしまった』乙女ゲームの悪役令嬢・ピアに転生した主人公・国外追放の運命にすっかり弱気になり、婚約解消して学芸員になると宰相令息・ルーファスに申し出るが・・・?!

絶対に裏切らないという契約をちゃんとした書面で交わしてきたルーファス。

自信満々なルーファスを見てもまだ信じられないピアでしたが・・・?

 

『弱気MAX令嬢なのに、辣腕婚約者様の賭けに乗ってしまった』3話のネタバレを紹介します!

\新規登録限定50%OFFクーポン☆/
コミックシーモア公式サイトバナー

『弱気MAX令嬢なのに、辣腕婚約者様の賭けに乗ってしまった』3話 ネタバレ!

山脈に着いてからすぐに化石の発掘をして、楽しそうにはしゃぐピアの姿を見た

ルーファスはドキドキが止まりません。

ルーファスの母親があえて身に着けた王族も欲しがる家宝のダイヤモンドを

見事にスルーし、侵入者を躊躇なく噛み殺す可愛げ皆無の猟犬たちとじゃれ合い、

煌びやかさや娯楽と無縁の山奥の領地でいそそと喜んでついて来て、

ルーファスの古着を着て勝手に楽しんでくれているピアが

可愛すぎてもうここから外に出したくないとルーファスは思いました。

領地滞在中、ルーファスは時期領主としての仕事が無限にあり

彼が書斎にいる間、ピアは側でお茶を注いだり読書をしたり刺繍をして過ごし、

時間が出来たら2人で山に行き時間が許す限りピアは発掘をするということを繰り返していました。

2人の婚約はスタン侯爵家に権力が集まっている懸念を貴族たちに抱かせず、

それでいて信頼できて派閥に組み込んで損のない相手ということで決まったものでした。

当初ルーファスは可もなく不可もない相手だとピアのことを思っていましたが、

高熱で死にかけて予言を授かってからのピアはとても魅力的に感じてきました。

自分に嫌われたくないから婚約を解消したいと言われたとき、

侯爵家の金でも権力でもなく自分自身の愛が欲しいのだと知り、

その時一生経験するわけないという「恋」にルーファスは落ちたのでした・・・。

 

『弱気MAX令嬢なのに、辣腕婚約者様の賭けに乗ってしまった』3話 感想

力を持った侯爵家に生まれたルーファスは、生れた時から将来が決まっており

父親に決められた好きでもない相手と結婚するのだろうと思って生きてきました。

しかし、主人公が転生したピアは普通の令嬢とは違い素直で素敵な人だと

ルーファスは思ったようです。金や名声ではなく、ルーファスに嫌われたくないから

婚約破棄したいと言ってきた言葉で恋に落ちたようです。

賢くイケメンで富も名声も将来手に入れるルーファスならではの悩みが

沢山あったのでしょう。一生この子なら愛して添い遂げれると確信したようです。

いいな~こんなに素敵な相手に好かれてるとまだピアは気づいてないけど、

これから少しずつ信用していって幸せになってほしいなと思います。

*まとめ*

『弱気MAX令嬢なのに、辣腕婚約者様の賭けに乗ってしまった』3話のネタバレを紹介しました!

ルーファスは愛しいピアの寝顔を見ながら、ピアが安心して自分を愛することが

できる環境を作ろうと誓うのでした・・・。次回の話の続きが気になります。

\今すぐ無料で試し読み!!/
コミックシーモア公式サイトバナー