ファンタジー

弱気MAX令嬢なのに、辣腕婚約者様の賭けに乗ってしまった【ネタバレ6話】謎のおじ様

『弱気MAX令嬢なのに、辣腕婚約者様の賭けに乗ってしまった』乙女ゲームの悪役令嬢・ピアに転生した主人公・国外追放の運命にすっかり弱気になり、婚約解消して学芸員になると宰相令息・ルーファスに申し出るが・・・?!

ルーファスがいない間に話しかけてきた知らない中年男性。

今日のお茶会には父親同伴の参加者はいないはずなのにこの人は誰だろう?

ピアがそう思っていると気さくに話しかけてきて・・・?!

 

『弱気MAX令嬢なのに、辣腕婚約者様の賭けに乗ってしまった』6話のネタバレを紹介します!

\新規登録限定50%OFFクーポン☆/
コミックシーモア公式サイトバナー

『弱気MAX令嬢なのに、辣腕婚約者様の賭けに乗ってしまった』6話 ネタバレ!

シャツとカーキのパンツという王宮ではありえないラフな格好をした男性を見て、

ピアは参加者の侍従や王宮の使用人かな?と思いましたが、

それにしてはルーファスの父親のような威厳を男性に感じていました。

男性はピアのつけているネックレスを見て驚き、

スタン侯爵家の家宝をつけているってことは、ルーファスの婚約者だね?

と笑ってきました。ピアが挨拶をすると、

自分のことは「ジョニーおじさん」とでも呼んでくれと気さくに言ってきました。

そんな気軽に呼んでいいはずでないことが分かるピアは、

馴れ馴れしくそんな風に呼べません。

当り障りのない会話をしながらピアは自分のお守りの二枚貝の化石を取り出すと、

男性に見せました。これはただの意思の模様ではないな・・・と男性が言うので、

お目が高い!と思いながら、ピアは饒舌に化石に着いてペラペラと説明しました。

化石について会話をしていると、男性がギョッとした顔で立ち上がり

ルーファスが鬼のような顔で戻ってきたから自分はこれで失礼するよと

席を立ち、また会いに来るからと言って去って行きました。

本当に鬼のような形相で帰ってきたルーファスが、ここに他に誰かいたのか?

変なまねはされてないか?と聞いて来たので、

ジョニーと名乗る中年男性と少し話をしてただけだと話すと、

特徴を聞かれその話を聞いたルーファスはため息をつきながら、

父親にまた釘をさしてもらうか・・・と言いました。

スタン家ともお付き合いがある人ならまぁまぁの貴族か高級官僚なのかな?と

ピアが思っていると、ルーファスはピアをお姫様抱っこし、

連れて帰ろうとしました。2人の姿を窓越しに見ていた貴族たちに

キャーキャー騒がれているのを背で感じながら、ルーファスはピアの

おでこにキスをすると「虫よけだ」とニコッと笑いました。

パーティー後、冷戦沈着ですでに時期宰相はほぼ確定と言われているルーファスが

婚約者をお姫様抱っこしてキスを見せつけて退場したことが

王都中の噂になってしまいました。

みんなは宰相の息子だからとか言いますが、彼は努力の人でした。

それは一緒に居る時間が長いピアが一番よく知っていました。

長くいればいるだけピアはルーファスのことが好きで仕方なくなってしまいました。

ヒロインのルート通り、国外追放の憂き目にあっても

お金と化石さえあれば生きていけると思っていましたが、

やっぱり好きになってしまっている自分に気付いた時、

ピアはこの先に待ち構えている結末を考えると怖くなりました。

ーーーそして15歳になった2人はアカデミーに入学しました。

普通の学校生活が送れると思っていたピアでしたが、ピアの名前がかかった

研究室を与えられてしまい、そこで人に接することなく過ごすことが多くなりました。

なぜなら昨年夏にルーファスに言われてまとめた化石の論文で

地質学の博士号を取ってしまったからです。

今現在博士として実働しているのは国に20人ほどしかいなく、

ピアの立場は国の最高機関によって護られることになりました。

守りは多いにこしたことはないし、ピアはいつも通りにしてればいいと

ルーファスは言ってくれいつものように甘やかしてきます。

週に1度の国史の授業はエリンと一緒になり、ルーファスが一緒に受けれない時は

エリンが一緒にいてくれました。

エリンもスタン家と同じ四侯爵家の令嬢で、伯爵家の序列の中でも

下の下の令嬢のピアが気安く話して目立たない訳がなく、

いつも生徒たちからの視線を感じてしまいます。

アカデミー生活は前途多難だなぁ・・・そう思いながら、日々を過ごすピアなのでした。

 

『弱気MAX令嬢なのに、辣腕婚約者様の賭けに乗ってしまった』6話 感想

私の予想ですが・・・この中年男性「国王」なんじゃないか・・・?

パーティーの場で正装してない人がいるわけないし、(侍従とかでも)

正装してないと失礼に当たるのでそういう恐れ多いことは伯爵家などはしないと

思うので、きっとさらに身分の高い人=国王なんじゃないかと推測しました(笑)。

ルーファスはピアのことを守るために博士号を取らせるため、論文を書かせたり

護りを固めたりと色々動いています。

めちゃくちゃ頭が良いのも努力を今までしてきたからですよね~すごい。

好きになっちゃダメだと思っていても、ここまで色々してくれたり

欲しい言葉をくれたりすると惚れちゃうよね・・・仕方ないよ・・・。

ヒロインが現れてもルーファスは変わらないと願いたい!!!

*まとめ*

『弱気MAX令嬢なのに、辣腕婚約者様の賭けに乗ってしまった』6話のネタバレを紹介しました!

アカデミーの生活は前途多難!日々ドキドキハラハラする中でピアは・・・?

次回の話の続きが気になります。

\今すぐ無料で試し読み!!/
コミックシーモア公式サイトバナー