ファンタジー

弱気MAX令嬢なのに、辣腕婚約者様の賭けに乗ってしまった【ネタバレ7話】親友

『弱気MAX令嬢なのに、辣腕婚約者様の賭けに乗ってしまった』 乙女ゲームの悪役令嬢・ピアに転生した主人公・国外追放の運命にすっかり弱気になり、婚約解消して学芸員になると宰相令息・ルーファスに申し出るが・・・?!

格下の自分が断れるはずもなくピアはエリンから昼食のお誘いを受ける。

そこでエリンは気さくに話しかけてくれ、

「親友だね♡」と言ってくるが恐れ多くて・・・?

 

『弱気MAX令嬢なのに、辣腕婚約者様の賭けに乗ってしまった』7話のネタバレを紹介します!

『弱気MAX令嬢なのに、辣腕婚約者様の賭けに乗ってしまった』
今すぐ無料で試し読み!!

『弱気MAX令嬢なのに、辣腕婚約者様の賭けに乗ってしまった』7話 ネタバレ!

この国の貴族の序列は公爵家、侯爵家、そして伯爵家と続いて行きます。

現在の公爵家は夫人を亡くした先々代王の弟ご本人のみで、

侯爵家はルーファスのスタン家を筆頭に残る三家は、

エリンのホワイト家、アメリアのキース家、そしてニコルソン家でした。

伯爵家にも当然序列があり、ピアのロックウェル家は下の下で

つまりエリンは本来ピアが話していいような相手ではありませんでした。

なのにエリンは気さくにこうやって話しかけて来てくれるのです。

エリンはシェフが作ったというお弁当を持参して来てくれ、振舞ってくれましたが

その絶品料理に感動しながら自分は料理が得意じゃないんだとピアが言うと、

エリンがフフッと笑いながら実は私も全然できないのと言ってきました。

ーーー昨年のお茶会以降、ゲームのシナリオを思い起こしてみましたが

エリンの名前はそこにありませんでした。

きっと時運と同じシルエットモブの悪役令嬢なんだ・・・と思いましたが、

こんなに気さくで嫌がらせなど絶対しそうにないエリンが自分と同様に

婚約者のヘンリーに裏切られ国外追放されてしまうのだろうか?

疑問で仕方ありません。

エリンは日ごろの鍛錬の成果か市井がよくスタイル抜群で、

藍色の瞳に明るい茶髪でポニーテールをしており、前世の県道少女のような

清々しさを醸し出しています。

2人でランチを楽しんでいると、エリンの婚約者のヘンリーがやってきて

「いつも手作りありがとうな」と言って置かれていたお弁当を

1つ取って行きました。その言葉を聞いたピアは

もしかしてヘンリーのだけエリンの手作りなのか?と聞きました。

するとエリンは真っ赤な顔で恥ずかしがりながら、料理は苦手だから

自信はないけどたとえ政略結婚であっても

できるだけ良好な仲でいたいでしょ?と言ってきたので、

思わずこちらも幸せな気分になり「もちろんです!」とピアは笑顔で返しました。

すると今まで他の皆に婚約者の話をすると自慢話だと思われて

誰にも相談できなかったんだけど、これからはお互いの婚約者の話が

したいんだけどどうかな?と持ち掛けられました。

でも話しをするのも学校の中だとやはり人の目が気になると思ったエリンは、

自宅なら周りの目を気にすることなく恋バナできるのでは!?と名案を思い付きました。

ーーー数日後、娘があのホワイト侯爵家に招待されたと知ったピアの両親は

どのような手土産を持たせたらいいのかとため息をつきました。

兄たちの助言もあり、色々持参したピアはカチコチになりながら

エリスに手土産を渡しました。

2人は移動して温室に向かうと、そこにはミカンのようなものが実っていました。

これは食べられるのか?とピアが聞くと、エリンはひょいと1つの果実をちぎり

ナイフでそれを手際よく捌いて振舞ってくれました。

そのミカンの味は前世の晩白柚みたいにすっぱくて苦くて甘くて

どこか懐かしい味でした。でも、せっかく苦労して作ってもこちらでは人気が

ないとエリンが言うので、それならこの集めの皮を砂糖漬けにすれば

売れるのでは?と提案しました。ピアの発想に感動したエリスは慌てて

それをメモし、そのように実行してみると言いました。

「大好きなエリン様に誘ってもらってこんなに嬉しいことはない。」

ピアが笑顔でそういうと、エリンはため息をつきながらピアの口から

飛び出す言葉を浴びて生きる方が心地よくて最高に幸せねと言ってきました。

だからの無愛想で無遠慮で無関心なルーファスが堕ちるのも納得!

言われ、ピアはなぜ急にルーファスの話が出てきたのか意味がまだ分かっていませんでした。

『弱気MAX令嬢なのに、辣腕婚約者様の賭けに乗ってしまった』7話 感想

貴族は下のものが気安く話し掛けれない様になっており、

下々が格上の家柄の人と仲良くなるなんて滅相もない!って感じなんでしょうね。

だからこんなにエリンのように気さくな人で、友達がほしくても

全員かしこまっちゃって面白くないんでしょう。

しかしピアは素直に思った事を言葉にするし、前世では普通の一般人だったから

貴族の序列がそんなに厳しくて、上の家の人の苦悩なんて知りもしません。

だから好意に話しかけてくれる人には普段の様に接するので、

エリンやルーファスはそんなピアが気に入ってるんでしょうね♪

これからも親友として素敵な関係を築いていってほしいなと思いました。

*まとめ*

『弱気MAX令嬢なのに、辣腕婚約者様の賭けに乗ってしまった』7話のネタバレを紹介しました!

ピアがこんなに純粋で素直に思った事を口にできる人だから

あの冷徹なルーファスが気に入るのも分かる!とエリスは言ってきて・・・?

次回の話の続きが気になります。

『弱気MAX令嬢なのに、辣腕婚約者様の賭けに乗ってしまった』
今すぐ無料で試し読み!!