漫画ネタバレ

【ゆびさきと恋々】2話ネタバレ!この胸の高鳴りは恋?

【ゆびさきと恋々】女子大生の雪は、ある日困っている床を同じ大学の先輩・逸臣に助けてもらう。聴覚障害があって耳が聞こえない雪にも動じることなく、自然に接してくれる逸臣のことを次第に雪は意識し始めて・・・!?

これは「憧れ」?それとも「恋」・・・?

逸臣と連絡先を交換した雪はふわふわした気持ちが収まらなくて・・・

【ゆびさきと恋々】2話のネタバレを紹介します!

\ココでしか読めない/
BookLive公式サイト

ゆびさきと恋々【2話】ネタバレ!

ある日、雪はりんに呼び出され大学の休憩スペースに向かいました。

到着するとりんが

「今回ここで待ち合わせしたのはね、うちの国際サークルが

この辺に集まるんだよー」

とスマホで打って画面を見せてきたので、

雪が辺りを見回すと、そこには逸臣が綺麗な女の人たちに囲まれて

口の動きが早いので多分日本語じゃない言葉を喋っているのが分かりました。

雪に気付かずどこかに逸臣が去って行きそうになったので、

「逸臣さーーーん!!」

とりんが機転を聞かせて逸臣を呼んでくれました。

すると声を掛けられた逸臣がこちらの方を振り返ったので、

雪は逸臣に手を振りました。

すると、逸臣は近づいてきてじーっと雪を見つめながら、

「・・・今日はこんなんしねぇの?」

手話らしい動きをしてきたので、

「本当はしたいです。でも大学なので。」

と雪が恥ずかしそうにスマホに打って見せると、

「かわいいな」

と言って逸臣が口を動かしたので、雪はドキッとしました。

【口・・・読み間違えじゃ・・・なかったら・・・】

雪がドキドキしながら固まってると、

「行くわ。飛行機の時間。」

と逸臣が時計を見ながら言うので、

「またどこかに行くの?」

と聞くと、

「ラオスに行ってくる」

とLINEが入ったので、雪はすごいなと感心しました。

そんな2人の様子を近くで見ていたりんが、

「逸臣さんといる時、雪嬉しそうだった。

もう恋してるって感じだった♡

と言ってくるので、

「憧れだよー」

と雪は赤面しながら否定しました。

でも、そもそも恋と憧れの違いって何だろう?と思ってると、

「雪 ほら 幼馴染くんいるよーー

とりんが指を指してきたので、雪がそちらの方へ向くと

そこには幼馴染の桜志が雪の事を階段の上から見下ろしていました。

すると、桜志が手話で

「今の誰?」

と聞いてきたので、

雪は見てたんだ・・・と思いながら、

「友達だけど?何してんの?」

と手話で返しました。すると桜志が

「別に。」

と返してきたのを雪が見ていると、

そこに桜志の友人が現れ、こっちを見てきました。

2人とも横を向いたので口の動きが分からないな~と雪が思っている中、

桜志の友人は桜志に「あの子可愛いじゃん」と話していました。

「耳聞こえないよ」と桜志が言うと、「それって補聴器つけた方がいいじゃねぇ?」

と友人が言うので、「つけても音ひろえねぇタイプなんだよ」と桜志は説明していました。

その友人が去った後、

「何?」

と雪が手話を送ると、桜志は雪を無視してその場を去って行きました。

そんな時、逸臣から

「お土産いる?いらない?」

とLINEが届いたので、どう返信しようか・・・

今どこで何をしてるんだろう・・・と思いながらも

「お土産ほしいです!」

と返信をすると、その後返信は返ってこなくなり

あっという間に夜になり、寝る時間になってしまいました。

何してるんだろう?と雪がベッドに横になっていると

逸臣からまたLINEが届いたので開いてみると

ラオスで撮った写真がたくさん送られてきました。

全部見たことのないものばかりで、雪は感動しながら

「すごいですね」

と返信しました。

「今日7ドルのぼろい宿。Wi-Fi弱い。寝る。じゃ」

と送られてきたので、色々聞きたいけどしょうがないと雪が諦めようとした

次の瞬間

「あ 明後日大学行く」

と来たので、雪は会えるかも・・・と嬉しく思いながらその日は眠りにつきました。

ーーー逸臣が大学へ来ると言った日、ウキウキしすぎて

いつもより早めに大学へ向かうと、信号の向こう側に逸臣を発見しました。

雪が大きく手を振ると、

「おはよう」

逸臣がいつの間に覚えたのか手話を送ってきました。

それを見た雪はいつも慣れているはずの手話の動きがぎこちなくなりました。

ーーーあなたが現れて広がる世界に

このため息さえ優しく染まって行くようで、

これが 恋であってほしい。 恋がいいーーー

信号が変わって渡ると、

「手 出して」

と逸臣が言うので、雪が手を差し出すと

そこに赤い顔の変なキャラクターがついた人形を逸臣は乗せました。

なにこれ!?雪が驚いていると、

「ラオス お土産」

と逸臣がゆっくり大きく口を開けて話しました。

どうしてこれを選んだんだろう?と笑いをこらえながら、

雪はリュックに入れていたノートを取り出すと、

「気に入りました!」

と書いて笑顔で見せました。

そんな雪を見て逸臣は頭をワシワシ撫でてきて、雪の心臓の鼓動は早くなりました。

そんな中で何か逸臣は自分に向かって話してるかもしれないけど、

雪は恥ずかしくて顔を上げられませんでした・・・

>>続き【ゆびさきと恋々】3話ネタバレ!

ゆびさきと恋々【2話】感想

「憧れ」から「恋」へ・・・・♡今回もキュン死しました・・・♡

逸臣とってもカッコいい・・・惚れてまう・・・・

雪の手話を見て、逸臣は少しどんなものか調べたようでしたね。

「おはよう」と手話で会話してくれて雪は嬉しかったことでしょう。

そしてそして!桜志くんの登場!

この幼馴染君手話を使いこなすだけでなく、ぶっきらぼうだけど

雪のこと陰から守ってくれてるみたいですね。

そして、雪の事昔から好きだったって設定な気がする・・・

何より三角関係がこれからみられると思うとワクワクする♪

まとめ

【ゆびさきと恋々】2話のネタバレを紹介しました!

会えるのが嬉しくていつもより早く学校へ向かった雪でしたが、

同じ時間に逸臣もいたということは、もしかして逸臣も早く着た可能性大♡

(きゃーーーーー!!)早くもっと近づかないかな~。次回の話の続きが気になります!

【ゆびさきと恋々】無料で一気に最後まで読む方法とは・・・?