漫画ネタバレ

ゆびさきと恋々【ネタバレ20話】忙しい合間でデート

『ゆびさきと恋々』 女子大生の雪は、ある日困っている床を同じ大学の先輩・逸臣に助けてもらう。聴覚障害があって耳が聞こえない雪にも動じることなく、自然に接してくれる逸臣のことを次第に雪は意識し始めて・・・!?

あれから調整し合ってらい腫松の午前中から4時間ぐらい2人でデートすることに。

移動の時間とかも考えたら近場だろうけど、どこに行こうかと悩んだ雪が決めた

行き先とは・・・?

『ゆびさきと恋々』20話のネタバレを紹介します!

『ゆびさきと恋々』
今すぐ無料で試し読み!!

ゆびさきと恋々【20話】ネタバレ!

親友のりんにどこに行くか悩んで相談すると、

「逸臣さんは雪の楽しんでいる所が見たいんだよ」と言われ、写真を撮るのが

好きな雪はある場所に行くことを決めました。

デート当日、2人で電車に乗って「公園」へ向かいました。

今日の目的は写真撮影か?と思いながら逸臣は真剣にいろんな場所で

写真を撮る雪についていきました。

奥に行くと綺麗な藤の花が咲いており、花を見上げる逸臣を見て

心を奪われるというのはこういう瞬間の事をいうんだろうなと雪は思いました。

手話で花の写真をよく撮ってるなと言われたので、

景色とか食べ物も好きだけど花の写真を撮るのが好きなんだと

雪は少し離れている場所にいる逸臣にLINEに打って逸臣に送信しました。

すると雪の周りにミツバチが飛んできたので、近くに近づいてきて

追い払ってくれました。耳の聞こえない雪はミツバチに気付いておらず、

急に抱き寄せられたと思ってビックリしてしまいました。

一緒に写真を撮ろうということになり、初めてツーショットを撮った雪は

その写真を見て自分の顔がすごく照れて写っているので恥ずかしくなりました。

そしてその写真を見ながら頬を緩ませ、あれだけ女の子たちが撮ってSNSに

あげてる好きな人の写真は特別だなと共感しました。

その後、2人はベンチに腰掛け雪が作って来たサンドイッチを食べることにしました。

そう言えば桜志と一緒に飲んだのか?と聞くと、

「びっくりしただろ?俺達もう仲いいから。」と言われ、

絶対これは逸臣のマイペースさに桜志が振り回されてるだけだろうなと雪は思いました。

今度桜志の家に案内してほしいな~と言われたので、さすがに厳しいんじゃ・・・

と思った雪が「難しい」と手話をすると、

逸臣からちゅーしての合図なのかと勘違いしたと返してきました。

こんな所でキスとかできないよ!と真っ赤な顔をしながら親指を立てて「駄目」の

手話をするとキスされそうになりました。

ここでキスは恥ずかしいけどくっついてはいたいと手話で話すと、

前に雪が言ったけど自分も雪なら全部いいよといった手話が返って来ました。

全部ってどこまで!?と驚きながら、まずどうしてよく海外に行くんですか?って

話を教えたくなさそうだったから、それを今教えて欲しいと雪はスマホに打って

文字を見せました。すると逸臣は理由が長くなるからスマホで打つわと言って

教えてくれました。ちゃんと考えて売ってくれてる姿を横目で見ながら、

もしかしたら今ならなんでも答えてくれるんだろうか?

エマと今も会ったりしてるとか・・・雪は思い出して少しモヤッとしました。

打ち終えた逸臣がLINEを送って来たので見てみると、本当に長文で

小さい時から飛行機が好きだったんだと書かれてありました。

全部見終わってないところで、逸臣に今日時間がないから

帰ったら見てなと言われました。

せっかくだし公園にあるボートに乗ろうと誘われ、お弁当箱を

片付けて逸臣の後をついていきました。

その大きな背中を見て、雪は愛おしくなり写真に収めたくて内緒で

スマホのシャッターを切りました。

しかし音でバレてしまい、振り返って逸臣はニッと笑ってきました。

さっき全部いいよと言われたことがどれほど嬉しかったか

思い出すと勘定をこらえなきゃいけないくらいで、

ボートに乗った雪は余計心を揺さぶられる気がして涙目になりそうなのを

はしゃいでごまかしたのでした・・・。

 

ゆびさきと恋々【20話】感想

可愛い2人のデートはキュンしてしまうわぁ・・・♡

雪が楽しそうならそれでいいってスタンスの逸臣の雰囲気好きだわ~。

まぁ2人でいればどんな場所でもいいんですよね!

あぁ・・・キュンが足りなかった日常に潤いをありがとう(←えww)

逸臣がもう桜志と友達だと思ってるのが笑けました。

でも桜志と逸臣はいい友達になれそうなそんな予感がしますね。

ちょっとずつ桜志は逸臣のこと認めて行きそうだし、これからの展開が楽しみです。

まとめ

【ゆびさきと恋々】20話のネタバレを紹介しました!

雪のためなら全部いいよと言ってくれたその言葉が嬉しくて

涙しそうになった雪。次回の話の続きが気になります。

『ゆびさきと恋々』
今すぐ無料で試し読み!!