漫画ネタバレ

【ゆびさきと恋々】10話ネタバレ!2月21日

【ゆびさきと恋々】女子大生の雪は、ある日困っている床を同じ大学の先輩・逸臣に助けてもらう。聴覚障害があって耳が聞こえない雪にも動じることなく、自然に接してくれる逸臣のことを次第に雪は意識し始めて・・・!?

手の甲にキスをしたのはどうして?あなたの気持ちが知りたい・・・

海外に行ってしまう前にりんの計らいで会えることになり、逸臣のバイト先に

出向いた雪に逸臣は・・・・?

【ゆびさきと恋々】10話のネタバレを紹介します!

\ココでしか読めない/
BookLive公式サイト

ゆびさきと恋々【10話】ネタバレ!

逸臣は覚えたての拙い手話で雪にこう話し始めました。

自分が教えてない手話の形なのに、それを見せてくる逸臣に

雪がドキドキしながら見つめていると、

「雪 つきあおっか」

逸臣は目を見て雪にそう告白してきたのです。

「どうして?私?」

と雪が驚きながら手話で返すと、

「なんで?雪と付き合ってみたいから。

俺も色々想定外なんだけど、この先も海外にはいくだろうし、

そこで色んな人に出会って・・・でも、

どこに行っても雪はいねぇじゃん。

と逸臣は雪の目を真っすぐ見ながらそう言いました。

でも、今日は大雪の日で目の前の雪のせいで、

目が滲んでとぎれとぎれにしか口元が読めません。

「読めてる?」

そう言われた雪ですが、全部は読めなくて少し落ち込みました。

すると・・・

「雪がほしい」

そう言って逸臣が雪の手を握り見つめながらハッキリそう言いました。

「返事 まる・・・・?」

そう言われた雪は、「まる」と手で大きく表して、コクコクと頷きました。

「そっか 分かった」

あっさりした感じで逸臣がそう言うので、

「えっと・・・付き合うの?」

と雪が不安になってそう言うと、

「手話 もっと 覚える」

と逸臣はゆっくり手話で雪に話しました。

そして、逸臣は雪の肩に腕を回すと店に入りました。

その様子に驚いている京弥とりんの前で、

「つきあったから 俺ら」

と逸臣が言うので、2人は目を丸くしながら見つめ合い

「ええええ!?何その展開!!」

と大きな声で驚きました。雪が早口すぎて2人の言ってることが読み取れないでいると、

「・・・全員同じ顔してんな。」

と1人冷静な逸臣がそう言いました。

「よかったね~雪!!」

りんがそう言って雪に抱き着いてきたので、

喜んでくれてるってことで雪は付き合う事が少し現実味を帯びてきた気がしました。

本当に逸臣はまったく読めない人だなぁ・・・と雪が思ってると、

「門限の22時だから帰るぞ」

と逸臣が着替えてきて雪にそういうので、りんは今日は泊まるんだよと返しました。

すると、

「親は今外にいるって知らねぇんだろ?お前だけまだ飲んどけば?

京弥あとでりん送ってやって。」

と言うので、りんは京弥と2人きりになれるし雪と逸臣も一緒に居られる!

そう思ったりんはすぐさま家の鍵を逸臣に渡し、雪を任せました。

「そういや・・・雪・・・逸臣さんが女の人に鍵を渡されたって心配してたんだけど

雪に分からない様にそう言われた逸臣は「分かった・・・・」と言って、

雪を連れて帰ることにしました。

ーーーそんな帰り道

「エマが俺に鍵を返したやつは気にしなくていい。

部屋貸してただけだから。

もうこんなことしねぇから。」

と突然隣にいる逸臣からLINEが届いたので、

部屋を貸すシステムがよく分からないと思いながらも、

どこまで逸臣の交友関係に口を挟んだらいいんだろうと、

なるべく波風は立てたくない雪は返事を悩みました。

すると、LINEの通知がもう1つ来たので開いてみると、

なんと桜志からで雪は驚きました。

「おばさんに聞いた。追加しといて 桜志」

とだけ書かれていて、今まで知らなかったのになんで?と不思議に思いました。

何も返事をしない雪の手を握って逸臣は先を進んでくれました。

いつもは手を掴まれてる感じだったので、ちゃんと手を繋いだのは初めてで

雪はドキドキしました。

ーーーその頃、店では京弥とりんが2人で雪たちの話をしていました。

「つきあえたのに逸臣さんいつもと何も変わんなかったですね」

とりんが言うと、

「はは。あれはね、あいつ浮かれてんじゃないかな?

っ今日はアレで結構顔にも出てたと思うよ。まぁよかったね」

と京弥は笑いました。

・・・あっという間にりんの自宅について、もうお別れなんだと

雪はしょんぼりしながら

「海外気をつけて行ってください。」

とスマホに打って逸臣に見せました。

すると、

「雪はパスポート持ってる?」

と聞いてきたので、

「ないです。海外入ってみたいんですけど」

と返しました。さらに逸臣が

「作ったら連れてくから。」

と言ってくれたので、雪はお金を貯めて作ります。と返しました。

自分からさよならを切り出したくなくて、その後の文字を打たないでいると、

「じゃあな」

と逸臣から言ってくれたので、雪は元気よく去って行く逸臣に

両手で「バイバイ」をしました。

去り際、逸臣は再度雪の方を振り返って

「雪」

と呼んでみましたが、雪は聞こえないのでそのまま背を向けたまま

階段を上がり玄関に向かいました。

その後ろ姿を追いかけて逸臣は階段を上がると、部屋に入る前の雪を

後ろから抱きしめました。

ーーー2月21日 私たちの世界がまじわっていく・・・

 

>>続き【ゆびさきと恋々】11話ネタバレ!

ゆびさきと恋々【10話】感想

いやん!付き合っちゃった!!告白シーン泣けた・・・・

すごくすごく心に響きました・・・本当に好きなんだなって。

雪の事惚れまくってるんですね逸臣さん・・・♡

もう何人女子がキュン死にしてるんでしょうか・・・(笑)

たまに聞こえないけど、もしかしたらこの声は届くかもしれないと

普通に逸臣が雪の見てないところで声を出したり話す場面があるのですが、

切ないんだよなぁ・・・咄嗟に出た言葉が本心だったりするし、

この声雪にだけ聞こえたらいいのにって思っちゃう・・・

まとめ

【ゆびさきと恋々】10話のネタバレを紹介しました!

次に会えるのは1カ月後・・・本当に逸臣と付き合ったのか

信じられないと夢を見てる感じの雪。次回の話の続きが気になります!

【ゆびさきと恋々】無料で一気に最後まで読む方法とは・・・?