漫画ネタバレ

【ゆびさきと恋々】5話ネタバレ!門限まであと少し

【ゆびさきと恋々】女子大生の雪は、ある日困っている床を同じ大学の先輩・逸臣に助けてもらう。聴覚障害があって耳が聞こえない雪にも動じることなく、自然に接してくれる逸臣のことを次第に雪は意識し始めて・・・!?

前のLINEのやり取りから4日経ち、雪は逸臣は何をしてるんだろう?と

思い切って今日本に居るか?とメッセージを送ってみる。

ドキドキしながら待っていると、「今コインランドリーに居る。来る?来ない?」

と返信がすぐに帰って来て・・・・

【ゆびさきと恋々】5話のネタバレを紹介します!

\ココでしか読めない/
BookLive公式サイト

ゆびさきと恋々【5話】ネタバレ!

逸臣の洗濯が終わり、もう帰っちゃうのかな・・・と雪が思っていると、

「雪 お前門限ある?ない?」

と逸臣が聞いてきたので、22時までですと雪が答えると、

「あと1時間ちょいか・・次何の手話?もっと次のは?

と逸臣は手話に興味津々で雪に聞いてきました。

そんな逸臣を見て、まだ一緒にいていいんだと嬉しく思いながら、

一緒にいる時間はどうしてこんなに短いんだろう・・・と切なくなりました。

ーーー門限が迫り、雪が帰ろうとすると

逸臣は「送って行くよ」と言って雪と一緒に歩き始めました。

あえて歩行者側を歩かせてくれる逸臣に、雪は手のひらで転がされたりもするのに、

今は守られてる感じがすると思いました。

【みんな逸臣さんのこと好きになっちゃうんじゃないかな・・・】

雪はそう思いながら、逸臣に絡んでいたあのエマを思い出しました。

意を決して、

「この間お店に来てた女の人って彼女ですか?」

と雪は逸臣に質問しました。

「誰?」

と聞かれたので、

「2人ともすごく酔っぱらってて、連れの男の人がサングラスかけてました。」

と雪がスマホに打つと、

「あーあいつらか」

と逸臣は思い出したように言いました。

雪はこういう時に目を合わせなきゃいけないのは分かっていながらも、

恐くて逸臣の方を見れません。

すると、逸臣は雪の頬を指先でトントンと優しく突くと、

「彼女はいない。エマは友達。」

と答えました。本人から聞くと安心感があるなと思いながら、

でもあの子は逸臣のこと好きだし・・・と雪が下を俯いていると、

雪は?いたじゃん。大学で仲良さげに手話してたやつ。

と顔を手でクイッと上を向かされ、逸臣は雪に聞いておきたいという表情で

雪のことを見てきました。

その質問をされた雪は、あの時見てたんだ・・・と思いながら、

「ただの幼馴染です。学校も始めて大学で一緒になっただけです。

手話も桜志くんのお姉さんが勉強していて、そこから自然と覚えたみたいです。

私に初めて使ったのは「アホ」で小2くらいです。」

と素早くスマホで打って逸臣に見せました。

それを見た逸臣は、

「そう・・・もういいわこの話題。」

と言うと、いつものマイペースで降り始めた雪を見上げるので

「雪私好きです」

と雪が打つと、

「俺も 雪は好き。」

と逸臣が言うので、自分の事じゃないのに

自分の事が「好き」と言われた気分になってしまって、

雪はドキッとしました。

「手話で「好き」は?」

と聞かれた雪は、逸臣に教えました。

それを真似しながら、

「こうか。いつか使うわ。

と逸臣が言うので、

「誰にですか?」

と雪が聞くと、

「いや・・・旅が好きとかで」

と逸臣が答えたので、これはまずい雰囲気・・・恥ずかしい・・・・と

思った雪が話題変更しようと必死で、

「次いつ会えますか?」

とスマホに打って逸臣に見せました。すると、

「・・・店休日 木曜。

あ それ「約束」か。

と言いながら、逸臣が小指を見せてきたので雪も自分の小指を出して

約束の「指切り」をしました。

ーーー帰りたくないよと思いながら、帰ってきたら門限ギリギリで

こんなに遅くなったのは初めてでした。

すると、りんからLINEが来て

今度の木曜は店長と一緒に買い出し付き合うことになったんだけど、

2人きりだとハードル高いから逸臣も誘って4人で行かないか?と言われた雪は、

木曜日この予定になってもいいかな?と思いながら、

逸臣にLINEを送ってみることにしました。

ーーー雪を送って逸臣は自宅へ帰ると、

マンションの下であのエマが逸臣を待っていました。

「さっきお酒買ってきた。逸くん泊めて?」

そう言われた逸臣が、

「前泊めたのは心もいたからだろ?」

と言うと、

「知ってるよ。家族帰国してないよね?

泊めてって意味分かるでしょ?

と言いながらエマは逸臣の腕に絡んできました。

一緒にエレベーターに乗りながら、

「くっつくな。」

と腕を払い除け、マンションの玄関の鍵を開けると

「あがれば?」

と言って逸臣はエマを家に上げました。

エマは期待しながら部屋に上がり、お酒何飲む?と逸臣に聞くと、

「いい。その辺のやつてきとーに使っていいから。

合鍵は玄関。」

と言って逸臣は自宅から出て行こうとしました。

そんな逸臣を見てエマは焦りながら、

「逸くんどこいくの?」

と腕を引っ張って止めました。

「・・・夜遅せぇし、雪降ってるからお前もう外出るな。」

逸臣がそう言うと、

「そんなに私が嫌なの?」

とエマが涙目で聞いてきたので、

「もうこんなことすんな」

と逸臣は言いました。すると・・

「逸くんだからしたんじゃん!」

と大きな声で言うので、

「エマ。あんまウチの前で泣くな。近所迷惑。

とハッキリ逸臣に言われてしまったので、エマは落ち込みました。

ーーーその後、逸臣は自宅にエマを1人置いて出ると、

従兄弟の店長の家に

「泊めて」と訪ねました。「理由は聞かねぇけど・・・」と言いながら店長は

家に上げてくれ、食事を出してくれました。

店長は洋画を見ていたらしく、逸臣はそれを見ながら

「これ字幕にしていい?」

と言い、切り替えました。「お前ペラペラでもまだそーゆーことすんだなぁ。」と

店長が言うので、「忘れんじゃん使わねーと」と逸臣は答えました。

「やっぱなんでもそうやって地道な努力がいるんだなぁ」

という店長の言葉で、桜志が手話を覚えて雪と会話している様子を

逸臣は思い浮かべました。

ーーー食事が終わると、逸臣は店長の自宅で手話を練習し始めました、

それを見た店長は、

「手話ってさ、英語と違って習っても今のとこあの子にしか使えねーじゃん。

それなのに覚えるのってなんで?それも夢のため?

と聞きましたが、逸臣は答えませんでした。そして、雪も逸臣のこと好きそうだったし、

エマの件もあるしあーゆー子が泣いてる所見たくないから心配だなぁと店長は

心の中で思いました。

逸臣はやっとスマホを見て、雪からLINEが入ってるのに気づき

木曜の誘いにOKを出しました。

ーーー約束の木曜日

雪はうれしい緊張と4人だと会話大丈夫かな?と心配の緊張とで

ドキドキしながら生きの電車を待っていました。

やってきた乗り込むと、なんと!またも偶然に桜志に会ってしまったのです!

「どこに行くんだよ」

近づいてきた桜志に「何で?また!?」と驚生きながら、

これは落ち着いて対応しようと思った雪は、

「図書館行くの。」

と手話で嘘をつきました。そんな雪に桜志は、

「そういやこないだ何時に帰ったんだよ」

と聞いてきましたが、雪は無視を決め込みました。

そんな雪の頭をビシビシ桜志は軽く叩きながら、ドカッと雪の座った席の横に座りました。

そして、無視をする雪の肩に自分の頭を乗っけてくっつきながら、

不機嫌そうな顔をする桜志に

「重い」

と言って雪は桜志を自分から放しました。

そんな時、

「改札出たとこにいる」

と丁度逸臣からメッセージが届き、迎えに来てくれたんだと雪は嬉しくなりました。

そして雪が立ち上がって次の駅で降りようとするので、

「おい ここ図書館じゃねーぞ 雪!」

と桜志は聞こえないと分かりながらも大きな声で雪に声を掛け、

自分もその駅に降りました。

雪はフラフラしながら人の多い改札を抜け、逸臣を探しました。すると・・・

「回収」

そう言って逸臣が雪を人ごみから見つけ出してくれました。

「雪!!」

雪を呼ぶ声がしたので、逸臣が振り向くとそこに桜志がいたので、

逸臣は雪に「あそこに幼馴染がいる」と伝えました。

雪がこっちを見たので、

「用事ってそいつかよ」

と手話をして桜志が見せてきたので、雪はプイっと無視をしました。

そんな雪を見て逸臣は腕を回し自分の方に引き寄せました。

するとそんな事をする逸臣に桜志は、

「そいつ聞こえねーんだから、後ろから抱きつかねぇ方がいいですよ。」

と逸臣に向かって言いました。

何か2人で話してるようだけど、逸臣の腕で丁度目が隠れていて見えない・・・と

雪が思ってる中、そんな風に言われた逸臣はこう返しました。

「雪は俺だったらいいんだって。」

 

>>続き【ゆびさきと恋々】6話ネタバレ!

ゆびさきと恋々【5話】感想

エマと雪のライバル関係と、さらに逸臣と桜志の雪奪い合い合戦が

繰り広げられそうな予感ですね~。毎回ドキドキしてしまうこの感覚をなんと

言ったらいいのでしょうか?♡素敵すぎる・・・・

逸臣が発することば一つ一つがいちいち心にぶっ刺さるんだよな~。

この私をキュン死にさせたいのか・・・(←えw)

改札で桜志とバチバチなところもまた痺れますね~♡

まとめ

【ゆびさきと恋々】5話のネタバレを紹介しました!

逸臣VS桜志・・・男の戦いが今始まる・・・(ドキドキ)

一方そんなことになってるなんて気づいてない雪は・・・?!

次回の話の続きが気になります!

【ゆびさきと恋々】無料で一気に最後まで読む方法とは・・・?