TLマンガ

夢から覚めてもそばにいて【ネタバレ6話】この花が枯れる前に会いに来る

『夢から覚めてもそばにいて』 田舎育ちで幼馴染のシュンペイとりの。「ちゅんちゅん」「りの」と呼び会い仲の良さは昔から変わらないが、りのが1人都会に出て芸能活動を始めてから関係が変わり始め・・・?

短い休みを利用してリノに会いにやって来たシュンペイですが、喧嘩別れを

してしまいます。しかしリノが追いかけて来て再び愛を確認し合い、、、!?

『夢から覚めてもそばにいて』6話のネタバレを紹介します!

『夢から覚めてもそばにいて』
最新刊★独占先行配信中

『夢から覚めてもそばにいて』6話 ネタバレ!

リノの部屋に戻った二人は、

裸になって抱き合います。

会いたかった分だけ、

触れたかった分だけ、

お互いの気持ちをぶつけ合います。

シュンペイはリノの首筋にキスをすると、

そのまま下までさがり、

リノの胸をつかむと乳首を口に含みます。

さらに甘噛みをすると今度は舌で舐めます。

そしてびっしょりと濡れたリノのアソコに

指を入れると激しく指を動かします。

「んんっ、はぁっ、ダメ」

リノは気持ち良すぎて足の指の先まで、

快感が走ります。

ゴムを付けると、

今度はリノがシュンペイの上に跨がり

そのまま腰を下ろして行くと、

シュンペイのアレがリノにゆっくりと入って来ました。

「やっぱり車の中とはちゃうな。」

と言ってリノを思いっきり抱きます。

今度はシュンペイがリノの上に乗り、

激しく腰を動かします。

同時に今までの思いをぶつけるかのように、

激しくリノのおっぱ◯を揉むのでした。

そして今度は、腰をふり続けたまま、

シュンペイは指でクリ◯リスを触ります。

リノは気持ち良すぎて体をそらせます。

「はぁ、そ、こ、いっぱいしたら、んああっ」

と言ってリノはイってしまいました。

そして再びリノを抱き起すと、

乳首を舐めて、キスをします。

深く、深く、舌を絡ませます。

「リノ、かわいい」

そう言って今度は優しくキスをするのでした。

「もっと言って、、、」

リノはシュンペイに可愛いと言われると、

心がたくさん満たされて行くのでした。

「リノ、かわいい」

そう言ってキスをします。

チュンチュンの言葉に包まれると

リノはリノでいられるんよ、、、

シュンペイは早朝ジョギングに出かけました。

走りながらこれがリノが見ている景色なんだ

と思うと来てよかったと感じるのでした。

朝6時の目覚ましが鳴り、

リノは目を覚まします。

シュンペイを探しますが見当たりません。

急いで起き上がると

ひどい格好にも構わずに

玄関へと必死になって向かいました。

ドアノブに手をかけようとした瞬間、

ドアが開いてシュンペイが戻って来ました。

リノはシュンペイの胸におでこをぶつけます。

不安と怖さでたまらなかったリノは、

シュンペイの顔を見た瞬間、

一気に安堵が広がるのでした。

慌てて自分を探そうとしたことが

分かったシュンペイはクスッと笑います。

モデルのリノが髪はボサボサで、

ボタンは掛け違えたまま、

半ズボンもまだちゃんと履けていません。

「ファンの子が見たらびっくりするで」

と言ってシュンペイは微笑みます。

リノは安心した後、怒りが込み上げて来て、

シュンペイのお腹に一発グーパンをくらわします。

「チュンチュンのせいやん!」

と言って目にいっぱい涙を溜めます。

「また出て行ったかと思って、

追いかけようとしたんやん!あほっ!」

もういいと言ってリノは拗ねてしまうのですが、

シュンペイはぎゅっとリノの手首をつかみます。

そしてガバッと抱き上げると、

リノを肩に乗せてシャワー室へと運びます。

リノは下ろしてと言っても、

シュンペイは「ダメ、二人で入るんや」

と言って次々にリノの服を脱がせ、

あっという間に裸になってしまいました。

シャワーを浴びながら、

キスをします。

甘く、とろけるような、

深い、濃いキスです。

シュンペイはリノを抱き上げて、

胸にキスをします。

「あんまり可愛いこと言わんといて、

帰れへんくなるやん」

リノは言えないけれど、

心の中で帰ってほしくないと思うのでした。

まだ時間があることを確認すると、

後ろからリノを抱きしめて、

挿入します。

シュンペイはリノの背中を舐めると、

今度は振り向かせて唇にキスをしながら、

右手で胸を揉み、左手でアソコを触ります。

「んあっ、、、」

気持ちよくて昂ったシュンペイは

リノのおっぱ◯を強く激しく揉みます。

「俺に抱かれてるときのリノが

一番キレイやで」

そう言って、リノの首筋、肩にキスをします。

リノもチュンチュンといる自分が一番好き

仕事へと出かけて行ったリノから

メッセージが入りました。

『足がプルプルする』

–『悪い夢中になりすぎた』

するとリノからプンプンと怒ってるスタンプが届きます。

シュンペイは怒らせてしまったと反省するのですが、

またすぐにスタンプが届きます。

照れたりんごが「嫌ではないけどな」

と書かれたスタンプでした。

シュンペイは胸キュンとして赤面するのでした。

リノが仕事に行っている間、

部屋で待つシュンペイはふと部屋を見渡します。

リノ頑張りが伝わって来ました。

この部屋で一人で悩んで泣いて、

頑張って堪えて、

また仕事に行くんやろな、、、

近くにいてもやれることは半分なのに、

離れていたら半分以下になってしまいます。

そして、シュンペイは考えました。

離れていても俺が味方であることが

毎日伝わればいい!

そう思って用意したのがフラワーアレンジメントです。

紅葉とガーベラ、バラの入ったセンスのある

アレンジメントです。

リノが帰宅しました。

シュンペイはそろそろ帰らなければならない時間です。

「そばにおらんくても、

俺はリノのことずっと想っておる」

そう言ってリノのおでこに優しくキスをします。

そして玄関に飾ったアレンジメントを見せると、

「この花が枯れる前に

絶対リノに会いに来る」

と言って帰って行きました。

リノは「、、、あほ」と呟き、

こんなのひつこいぐらい、

毎日思い出しちゃうやん

と胸がジーンと熱くなるのでした。

『夢から覚めてもそばにいて』6話 感想

遠距離恋愛の切ないところですよね。

リノがまたシュンペイが出ていってしまったんじゃないかと思って、

泣き出すシーンが感動しました!

*まとめ*

『夢から覚めてもそばにいて』6話のネタバレを紹介しました!

次回、約束通り花が枯れる前に二人は会うことができるのでしょうか?

二人がどうやってこの壁を乗り越えて行くのか応援したいです!!

『夢から覚めてもそばにいて』
今すぐ無料で試し読み!!