ファンタジー

ずたぼろ令嬢は姉の元婚約者に溺愛される【ネタバレ4話】思い込み

『ずたぼろ令嬢は姉の元婚約者に溺愛される』ずたぼろな服をまとい、召使のように働かされている男爵令嬢・マリー。そんな彼女に女嫌いで有名な大富豪のグラナド伯爵は一目惚れをする。しかし、ある勘違いを伯爵はしてしまい・・・?!

連れて来られた先は「お風呂場」。そこで美しく磨き上げられたマリーの姿を見て、

キュロスは驚く。するとキュロスの母親が突然現れてマリーを

婚約者として合格だと言ってきて・・・?!

 

『ずたぼろ令嬢は姉の元婚約者に溺愛される』4話のネタバレを紹介します!

\今すぐBookLiveで読む!/
BookLive公式サイトへ

『ずたぼろ令嬢は姉の元婚約者に溺愛される』4話 ネタバレ!

マリーに「無理」と言われたキュロスは酷く落ち込みました。

そう、キュロスは一目惚れした相手がマリーという主役に追いやられた姉だと

思い込んでいたのです。

事の始まりは春先に届いた一通の招待状でした。

それはシャデラン男爵家の娘の誕生パーティーの招待状で、

男爵の困窮ぶりは貴族界隈では知れ渡っていました。

まったく卑しい事だな・・・そう思ったキュロスは不参加しようとしましたが、

友人のルイフォンに行って来てみては?と言われたので考えることにしました。

容姿端麗・身分も高いキュロスは色んな女性が近づいてくるのも

日常茶飯事でしたが、イプサンドロスを野蛮の地と忌み嫌う女たちのことは

好きにはなれませんでした。

自分は生涯誰も女性を愛せないのだとそう思っていました。

ーーー父親には妻が2人いて、その2人とは正当な貴族の出で政略結婚である

正室のローラ夫人と、イプサンドロスの旅芸人であり、

父親に召し上げられたキュロスの母親リュー・リューでした。

ローラ夫人は物静かな人でしたが、リュー・リューに対しては

激しく侮辱し、蔑みの目を向けました。

離れで暮らしていたキュロスはローラ夫人と顔を合わせることはありませんしたが、

1度だけまともに会話したことがありました。

それは夫人が管理する裏庭に迷い込んだ時、幼かったキュロスが

迷って泣いているところに夫人は自分が焼いたという焼き菓子を渡しました。

それを食べたキュロスはあまりの美味しさに泣き止み、「これが一番好き」と

夫人に言いました。チョコが好きなのか?と聞かれたので、お菓子がそもそも

好きだと答えると、夫人は自分も好きだと言い、

今度好きな味を焼いてあげると口約束をしてくれました。

しかし、そのたった一度の口約束は果たされることはありませんでした。

キュロスに公爵家を相続されると決まり、

ローラ夫人の産んだ子が女子しかないことから

その日初めて母親に向けられていたあの目がキュロスに向けられたのです。

怖い顔で睨まれたキュロスは、会食の最中引きつけを起こし、

そのまま一晩寝込みました。

翌日目を覚ました時には、ローラ夫人は自らの胸にナイフを突き立てて

自害した後でした。

その部屋の中からはハチミツとチョコの香りが・・・

その焼き菓子の中には毒が入った小瓶が入っていました。

甘いにおいの山に隠されていたあの致死量の毒の小瓶は、

誰のためのものだったのかと思うと、キュロスは幼いながらに恐ろしくなりました。

ほどなくして正室に格上げされたリュー・リューはキュロスを連れて公爵家を出ました。

リュー・リューは自分は側室に過ぎないのだと誇示するように

今でも公爵夫人として公務をこなす時だけ公爵家に顔を出しています。

キュロスも父親とは親子らしい交流をした記憶がありません。

歳を重ねたキュロスは、貴族の集まりもしがらみも社交界も嫌いました。

貴族娘との縁談が出るたびに全力で逃げ続けたのです。

なぜなら、ローラ夫人と同じことにならない保証がないので怖いのです・・・。

女の人が何を考えているのか分かりません。

笑顔の奥に隠した何かがあるかもしれないから・・・。

ですが、キュロスは伯爵であり、公爵家唯一の男児なので

それなりの家柄の妻を娶り世継ぎを作る義務と責任があります。

シャデラン男爵から送られてきたマリーという令嬢の誕生日パーティーの

招待状を見ながら、どうせ義務ならば困窮する貴族の娘・・・

御しやすいほうが楽でいいと思ったのです。

そんな打算だらけの誕生日パーティーに向かったキュロスは、

マリーと出会いました。

第一印象は「なんだこいつ」・・・

暗い中庭で佇んでいるのはホラーだし、使用人としては挙動不審だし

驚きそして戸惑いました。

しかし、マリーはイプサンドロスの民族衣装の刺繍を見ただけで国を言い当てたのです。

国を特定されたのは初めてだったキュロスは驚きました。

イプス語も話せて、王都民がよく知らないイプサンドロスを楽しげに語るマリーの

教養に舌を巻きました。なぜなら一回の令嬢の知識ではなかったからです。

この国で蔑まれるイプサンドロスの血を引く人間なのに、

無邪気に笑いかけてくるマリーにキュロスは一目惚れしてしまったのでした。

マリーに出会ってからある程度の家柄で子を産んでくれるなら誰でもいいと

いうそんな打算はすべて吹き飛びました。

名前を聞き忘れてしまったキュロスはマリーの両親に、

令嬢はどこにいるのか?と聞くと、姉のアナスタジアを指さすので、

アナスタジアを今夜の主役のマリーだと勘違いしてしまったのでした。

しかし、そのパーティーでいくら時間が経とうがマリーを見つけることは出来ませんでした。

泥酔している父親に爆食の母親・・・男たちに囲まれる着飾った主役・・・

キュロスは違和感を感じました。

【なぜ彼女はあんな場所でたった1人で。。。】

キュロスは泣きながら「私が可愛くないから」と言ったマリーの姿を思い出し、

すべてが1つに繋がり怒りがこみ上げてきました。

何時の姉を蔑ろにする「妹」ではなく姉の「アナスタジア」を妻に迎えたいと

手紙を書くと返事はすぐに帰って来ました。

結婚すれば彼女に溺れるほどの贅沢と幸福を、

歯がミスる奴らの前で「ざまあみろ」と胸を張ればいい!と

彼女の為にキュロスは色々準備してきました。

しかし、「アナスタジア」がこの城に踏みいれることはありませんでした。

アナスタジアが馬車で転落をして死んだと聞かされたキュロスは、

目の前が真っ暗になりました。

ーーーーまぁ、勝手に勘違いしていたキュロスが悪いのですが、

ミオは思えば「マリーを追い返せ」と大声を出したのはマズかったですねと

傷口に塩を塗り込みました。

「・・・俺はずっと待っていた。「彼女」だけを。

俺はふられたのか・・・。」

そんな風に言いながら肩を落とすキュロスにミオは、綺麗だの

一言でもあればあんな悲しそうな顔をさせずに済んだし、

マリーはきっとキュロスに嫌われてるのだと思ったままだと話しました。

母親に面通しするだけで垢ぬければいいと思っていたが、

まさかあんなに綺麗になるなんてキュロスは思いもしませんでした。

心臓が一生分脈を打った気がして話すところではなかったのです。

けれど、キュロスが見たいのはマリーの”笑顔”でした。

伝わらなければ始まらない・・・マリーと結婚したいと

本気で思っているキュロスはマリーと話がしたいと部屋に向かうことにしたのです!

 

『ずたぼろ令嬢は姉の元婚約者に溺愛される』4話 感想

名前を聞いてなかったからまさか主役があんなにみすぼらしい格好をしてると

思わなかったので、着飾ってちやほやされているアナスタシアが今日の主役のマリーだと

勘違いしてしまったのですね(苦笑)。まぁそうですよね~まさか主役が1人

薄暗い中庭に居るなんて誰も思わないでしょう(汗)。

キュロスもまた側室の子だということで、かなり苦労と怖い思いをしてきたようです。

女は何を考えてるか分からない恐ろしい者だと思っていたようですが、

マリーに出会ってそれが一気に吹き飛んでしまったようです。

これが一目惚れマジックというものなのでしょうか?

しかし、マリーはキュロスが姉と自分を勘違いして求婚して来たなんて知りません。

早く誤解を解いてちゃんとプロポーズした方がよさそうだなと思いました。

*まとめ*

『ずたぼろ令嬢は姉の元婚約者に溺愛される』4話のネタバレを紹介しました!

話さないで誤解させたまま関係を拗らせたくない!

好きなマリーと結婚したいキュロスは行動を起こす!

次回の話の続きが気になります!

ずたぼろ令嬢は姉の元婚約者に溺愛されるアイキャッチ画像
ずたぼろ令嬢は姉の元婚約者に溺愛される【無料】で最新刊を読む方法を調査!ずたぼろ令嬢は姉の元婚約者に溺愛される【無料】一気にラストまで読みたい!親から召使として扱われているマリーの誕生日パーティー、主役は自分とは真逆の姉・アナスタジア。思わず抜け出したマリーは、偶然にもキュロス伯爵と出会い…。...